2005年11月の
流域案内人行事の写真館

宮川流域エコミュージアム

このページでは、すでに実施した流域案内人の行事の写真を掲載しています。



11月8日(火)滋賀県伊香郡(いかぐん)商工会連絡協議会 青年部 宮川流域エコミュージアム視察研修
【視察場所1】宮川流域案内人:中村 清さん(NPO法人神社みなとまち再生グループ理事長)
        場所:伊勢市神社(かみやしろ)港
【視察場所2】宮川流域案内人:中森 巌さん 場所:度会町牧戸
写真 写真 写真 写真
まず、伊勢市神社港を訪れました。流域案内人は中村さんです。神社港にまつわる資料が展示してある「みなとまち館」で、NPO法人神社みなとまち再生グループの活動を説明。 木造船「みずき」を見学。 お昼には、手づくりの昼食を召し上がっていただきました。 小舟をこぐ体験もしていただきました。
写真 写真 写真
次に、度会町牧戸へ移動。流域案内人は中森さんへバトンタッチ。岩崎の断崖で、宮川を見渡しながら、宮川の説明をしました。 宮川中流を代表する景勝地の一つ、牧戸の河原で、河原の成り立ちを説明。 上流と下流の交流・連携の大切さを熱心に話されました。


11月13日(日)勢田川 中流 自然観察会
宮川流域案内人:杉原 豊さん
写真 写真 写真 写真
身近な勢田川に、どんな発見が待っているのかな? 何かを発見! カモがいました。 アオサギも、よく見られる鳥のようです。なぜ、勢田川に集まってくるのでしょう?生き物たちに優しい勢田川にしたいですね。



11月20日(日)鍛冶屋峠を歩こう
宮川流域案内人:中村 菜穂子さん

2005年11月20日(日)、おりしも新伊勢市が誕生しての選挙戦が始まり、集合場所となった伊勢市横輪公民館付近にも次から次へと立候補者のポスター貼りに運動員たちが現れる、そんな雰囲気の中を流域案内人・中村菜穂子さんを先頭に鍛冶屋峠を目指します。

峠までは車の行き交うサニーロードを通り、鍛冶屋トンネルを過ぎて南伊勢町に入り、旧道へ足を踏み入れてしばらく歩けば、静かな別世界が広がっていました。

「南勢町から伊勢まで行くバスに乗ると横輪まで1時間、峠から横輪の集落が見えるとほっとしたもんだよ・・」昔話に花を咲かせながら参加者同士で和気藹々と峠をめざします。

峠の手前の見晴らしの良い場所からサニーロードを見下ろしながらお弁当を広げ、かつての峠道を偲びながら横輪町へ下り、解散前に中村さん特製の横輪芋入り豚汁をご馳走になりました。

いつも家族で助けてくれる中村一家の暖かさをまた感じた一日です。

写真 写真 写真
峠の手前から見下ろすサニーロード。昔のバスはこんなところを見下ろしながら走っていた。 当時は未舗装だったバス道も軽快に歩けるハイキング道です。 遠く伊勢湾を見下ろしながら皆で記念写真。


前のページへ戻る