2005年12月の
流域案内人行事の写真館

宮川流域エコミュージアム

このページでは、すでに実施した流域案内人の行事の写真を掲載しています。



12月4日(日)大紀町阿曽・網掛山の隠れた名所 もみじ谷 ハイキング
宮川流域案内人:小野 幸年さん
写真 写真 写真
網掛山へ登り始めると同時に雨から霙そして雪へとめまぐるしく変わる天候でしたが、参加者全員が小野幸年さんの整備したもみじ谷の紅葉を満喫しました。


12月10日(土)「松阪牛」美味しさの秘密を探る 〜巨大な体をつくる微生物たちとの出会い〜
宮川流域案内人:庄司さん、中井さん、濱口さん、森下さん
写真 写真 写真
松阪牛の「と畜」処理、枝肉に加工されるまでの過程を見学しました。私たちの食卓に牛肉が出てくるまでに、なくてはならない過程ですが、普段は見ることがありません。みんな、作業の過程に見入っていました。 牛たちの食べ物や、体の秘密に迫ります。 牛の胃は4つあって、人間の胃とはだいぶ違います。第一の胃の中では、干した藁(わら)を消化できる状態にするために、たくさんの微生物や原虫が活躍しています。顕微鏡で見ると、実際に動いている様子がよく分かりました。
写真 写真 写真
牛の心拍音を聞いてみよう!実際には牛に近づけないので、自分の心臓のドキドキを聞いてみました。 食肉検査員・獣医師である、宮川流域案内人の皆さんのお話は、ユーモアを交えながらも、命の大切さや、食べ物の大切さをあらためて考えさせられる内容で、みんな熱心に聴いていました。


前のページへ戻る