2015年3月の
流域案内人行事等の写真館

宮川流域エコミュージアム

このページでは、すでに実施した流域案内人の行事やいろんな企画における写真を掲載しています。



3月28(土) 女鬼峠 春の植樹&ウォーキング(多気町)
宮川流域案内人: 奥村 清司さん(女鬼峠保存会)
春の陽気に包まれた五桂池ふるさと村で開会。まずは女鬼峠保存会の森田さんからご挨拶。 続いて本日案内していただく奥村さんからもご挨拶。カッコいいですね。よろしくお願いします。 さぁ出発して、桜も咲き始める五桂池。江戸時代に造られた三重県最大の溜め池だそうです。
続いて「まごの店」。相可高の生徒さんが運営するお店です。「おばあちゃんの店」もあります! 周囲はいちご狩りが盛んで、とても賑わっていますが、その真ん中を歩いていきます。 栃ヶ池の脇を通ります。湿地性植物がたくさん群生しているところで、観察するには最適です。
さぁ、いよいよ女鬼峠の看板を越え近づいてきましたよ!子どもたちもまたまだ元気そうです! 上に見える木は「マメナシ」。県希少野生動植物種に指定されている珍しい木だそうです。 女鬼峠とは、伊勢から熊野に向かう最初の峠だそうで、歴史の深い峠道です。
急な斜面を峠道の沿って上がります。日差しも差し込んで下草も豊かに生えて、きれいです。 峠の展望台に到着。きれいに山々や里も見えて、ほっと一息です… 展望台近くで、女鬼峠保存会の皆さんが植樹してきたところに、今回はみんなで植樹しよう!
みんなで協力してツバキやツツジを植えました。水をあげて“元気に育てよ!” 植樹を終えて、女鬼峠の切り通しに差し掛かります。昔の人たちが切り開いたのでしょう… 南無阿弥陀仏と名号の彫られた碑と如意輪観音像が道行く人の安全を祈っているのでしょう。
峠を下りたところには大神宮寺相鹿瀬寺跡。奈良時代の瓦などが出土しているそうです。 宮川のえびす川原にてランチ!なんと相鹿瀬地区の方々からしし汁のお振舞。おいしい! ランチ後、川のほとりまで散策。陽光に輝く宮川の流れは澄んで、心が和みます。さぁ再開だ!
伝染病からの仏の救いを祈った浄保法師にまつわる話を奥村さんが紙芝居で語ってくれます。 続いて、県道の脇から、中女鬼峠を登ります。一列になって順番に…気を付けてね。 こちらにも切り通しがあって、名号碑も埋め込んであります。みんな安全でありますように…
さぁ、五桂池の目前まで戻ってきました。ゴールは近い!あと一息、がんばれ! 皆さん無事ゴール!ご褒美に「また来たいで賞」など、たくさんのプレゼントが並んでいます! 最後は争奪戦に勝った人が、めきこちゃん人形を獲得!よかったね!皆さんありがとうです!



3月28(土) 桜コンサート 〜大紀町柏崎の枝垂れ桜のもと〜(大紀町)
宮川流域案内人: 浜口 素則さん 、 大蓮寺
大紀町柏崎支所前にある枝垂れ桜をバックに桜コンサート開幕前です! 滝のように迫りくる桜の花々は、近くで見ると、ふっくらと優しく、目を和ませてくれます… 花の寺とも呼ばれる大蓮寺。梅やほかの花々も咲いています。高台の花木園もすばらしい!
絶賛発売中のCD「ありがとう宮川」と、浜口さん。今日も出演していただきますよ! さぁ、開幕宣言です。司会アナウンスもとってもいいお声で、始まりも華やかです! 大蓮寺ご住職の太田さんからご挨拶。今日もたくさんのコーラスグループが目白押しです!
春の日和と、優しい音楽とコーラスに誘われて、こんなにたくさんの方がご来場です。 コーラスかすみ草、コールリーラ、マーヤの会の皆さんの合唱。“春のうららのすみだ〜が〜わ〜 マーヤの会は、お寺のお忙しい奥様で構成されているそうで、勢揃いは貴重だそうです。
大蓮寺の奥様のソロ。清涼感のある澄んだ歌声での「埴生の宿」は聴きほれてしまいました… 聴衆の皆さんも同じく、微動だにせず、聴き入っています。盛り上がってきましたよ! さぁ、次は紀勢ベンベンバンドのお二人の登場。実質初舞台だそうですが、なかなかです!
中国語での歌を歌ったり、プロジェクトXのエンディング曲など、幅広い楽曲が魅力的… MCも、なかなか楽しい掛け合いで、和やかなムードが広がります… 続いて、浜口さんの登場!ハットとジーンズが板について、カッコいい感じです!
MCもにこやかに笑いを誘います。音響装置も手掛けながら、さすがの貫禄です! また、みゆきさんの“マッサンの麦の唄”には、みんな口ずさむ会場となり最高潮に達します! “桜のトンネルを抜けると、そこは歌国だった”的な町全体が歌に包まれた一日でした…



3月28(土) 熊野古道伊勢路旅その8 早春の荷坂峠を歩きます!(大紀町)
宮川流域案内人: 小倉 公守さん
JR梅ヶ谷駅近くの八柱神社からスタート!まずは小倉さんからご挨拶。さぁ元気に行こう! さぁ荷坂峠目指して、いざ出発!ルネッサンスの幟を持った小倉さんが先導!続けッ! しばらくR42の歩道を歩きます。気を付けてね!“今はあの山、越えていこう!”
あっ!マムシ! …と思いきや、「まむし草」です。確かに柄がよく似ているなぁ… 熊野古道の案内表示と記念撮影! っと!ほっつきの渡邉さんじゃないですか! 熊野古道「荷坂峠」の解説を小倉さんから。10世紀ごろからの道筋だったようです…
猪除けの猪垣の脇を歩きます。人間だけでなく、猪など動物の生活圏でもあるのですね。 小川には木でできた渡し橋を渡ります。少々怖そうです… 一人ずつ慎重に… 猪垣道が倒木で通れません!自然の中での当たり前の出来事なのでしょう…
R42トンネル脇の荷坂峠の登り口から上がります。さぁ、荷坂峠越えだ! 茶屋跡など通ってようやく頂上。このいろんな方向の矢印が交通の要衝を物語ります。 新しい案内板で現在地を見ると、まだまだ道半ばです…見どころもいっぱい!
紀北の方へ下り坂が続きます。きれいな馬酔木が彩りを与えてくれています。 紀伊長島のキレイな島々が見えます。海も穏やかな最高の春日和です! 旧荷坂道の看板があるところです。まだ道は続きます。頑張って!
満開の見事な桜が出迎えてくれました!淡雪のような、せりだすこの圧倒感! 道の駅マンボウに到着。ここでランチ。新鮮な魚を使った料理が楽しみ! ランチ後、魚まちに来て、古道魚まち歩観会の植田さんが案内していただきます。
どこか懐かしい路地道を歩きます。銭湯など昔ながらの建物が残っています。 長島神社の御神木。長い長い歴史を見てきたのでしょうね… カッパ伝説のお話も!町にもカッパが出現しています。木彫りですが…
江戸時代に津波で亡くなられたたくさんに人たちの供養塔。津波の恐ろしさの教訓を胸に… 町にはいろんなアート作品があって、これは漁の網を使ったアート。なぜか大漁です… いろんなアート作品を巡って終点の紀伊長島駅。皆さん、見事、荷坂を越えました!



3月28(土) 清流宮川の支流を歩こう・栗谷川(大台町)
宮川流域案内人の会主催: 栗谷川担当  巽 幸則さん
 案内人の会主催の宮川支流ウォークです。本日は第1回目で大台町の栗谷川です。案内人の巽 幸則さんからのあいさつです。  天気も良く暖かく最高の天気です。スタート前に全員で準備体操です。本日の参加者は31名です。  さぁスタートです。昔、錦から奈良まで魚を運んだと言われている「魚の道」 を、栗谷川に沿いに湯谷峠まで歩く16qのコースです。
 江戸時代に造られた「栗谷用水」です。延長6.5qもあります。水路幅は昔のままだそうです。  昔に造られた「切通し」の道です。ここから5分程山を登ると「赤坂城跡」です。  北畠氏の家臣が治めていた「赤坂城跡」です。当時は地域の警護等に当たっていたそうです。 
 大陽寺近くに、この時期には珍しいシャクナゲが咲いていました。  その横には、「霊符山の水」と書かれた湧水がありました。とても冷たくて美味しい水でした。  霊符山大陽寺に到着です。「神仏合体」の妙見菩薩がご本尊です。
 大陽寺本堂内陣の天井には、狩野法眼作の「巻龍画」が描かれています。本堂入口には淀君寄進の「吊燈籠」が飾られています。  大陽寺の裏山を登ると北極星をご神体とする「星の宮」があります。海上安全等の神様として伊勢志摩一帯の漁業関係者に信仰されてます。  大陽寺から1時間歩き、栗谷川の河原で楽しい昼食です。すご〜いご馳走ですね。
 昼食後、全員で集合写真を撮りました。さぁ昼からもがんばるぞ〜。  昼からも「魚の道」を歩きます。とても急な道です。昔の人はこんな道を魚を担いで歩いたのですからすごい健脚ですね。  湯谷峠の頂上に、もう少しで到着です。ここから先は松阪市飯高町です。
 湯谷峠から折り返しです。ここからは国道422号線沿いに帰ります。途中に湯谷不動尊があり、現在は交通安全の神様として祭られています。  国道沿いには、たくさんの桜が植えられており、ほとんどがまだつぼみですが、1本の枝垂れ桜だけが満開でした。  全員無事ゴールしました。最後に巽さんからのあいさつがありました。第2回目は4月11日(土)に大内山川で行います。


3月21日(土・祝) いせ市民活動フェスティバル(伊勢市)
宮川流域ルネッサンスPR事業
春の陽気に恵まれた今日はたくさんの市民活動団体が出展するフェスティバルです! 2階にルネッサンスのブースを出展!たくさんの人たちが来てくれるかな… ステージでは開会のあいさつ。その後、様々な活動団体の方がここで発表されます!
クイズのスタンプラリーにもたくさんの方が来て、超難問クイズに見事正解の連続! 皇學館大の学生さんたちも!このイベントのボランティアで活躍されていましたよ! 皇學館大からは、よさこいのダンスも披露!可愛くも勇ましく、華麗に元気よく!
ぬり絵も、たくさんの子どもたちが来てくれます。みんな丁寧に塗って上手です! 5月には、子どもたちに大人気のかえるのイベントもあるので、どしどしきてくださいね! 元気な少年も上手にかわせみぬり絵をしてくれて、おまけにかわせみ募金も!ありがとう!



3月15日(日) 一色神社例祭奉納能(伊勢市)
宮川プロジェクト事業 一色町能楽保存会
一色能が奉納される一色町公民館には朝からたくさんの人で賑わっています! 立派な奉納能の袖には、初舞台を飾る方々へのお祝いメッセージが所狭しと輝いています! 当協議会長でもある鈴木市長からお祝い。一色能は市無形民俗文化財でもあります!
演目「翁」。中央の大夫は一色町能楽保存会会長の吉川さん。貫禄あります… 後ろで面を付けている大夫が天下泰平を寿いて五穀豊穣を祈るものだそうです。 笛と鼓の音色も加わり、幽玄の世界にしだいに引き込まれていきます…
一色保育園年長組の連吟「岩船」。かわいい小さな体なのに、大きく元気な声が通ります。 子ども教室からの「仕舞」。いろんな演目をこんな小さな子たちも舞っています。 演目「羽衣」。羽衣を持つ漁師に、自分のその羽衣を返してほしいと嘆いています…
漁師に返してもらった羽衣を着て、天上の舞を舞って見せ次第に天空に昇っていきます… 演目「鬼瓦」。大名と太郎冠者のおもしろい演目です。笑いが伝染しそうだ… 連吟の「住吉詣」。6人の演者によるものです。趣ありますねぇ…
演目「猩々」。酒を飲みすぎたためか、赤いのが猩々。酒が尽きない酒壺を与えてくれます! 一色能はこの長寿の樹のある一色神社奉納のため、約500年続く歴史あるものです。 見事な舞台も終了。町をあげて一色能への静かで熱い想いを感じる会場で、よかったです。



3月15日(日) 三重しぜん文化祭inみえむ(津市)
宮川流域ルネッサンスPR事業
宮川流域案内人の会が出展するしぜん文化祭です。三重県総合博物館で開催! 1階の少し奥まったところで出展。中野副会長がお客さんにその活動を説明しています。 自然活動に興味がある人たちが来る文化祭だけあって、行事参加にも興味深そうです。
流域外でもご存知の方も多かったです。引き続き流域外・県内にもPRしていきたいな。 このほたる観察会でかぶりついている少年が来店してくれました。どしどし参加してくださいね! ミエゾウ見て、発信力を強化拡大していかないと、と気持ちを新たにした一日でした。



3月14日(土) 獅子ヶ岳・七洞岳トレッキング(度会町・大紀町)
宮川流域案内人: 小野 幸年さん
 「なんじゃもんじゃ広場」に集合し受付です。本日の参加者は38名です。天気は曇りですが雨が降らないように・・・。  車で「ルネッサンスの森」駐車場まで移動し、案内人の小野幸年さんから日程の説明です。ここから獅子ヶ岳頂上まで960mです。  出発前に雨がポツポツあたってきました。小萩コースで獅子ヶ岳頂上を目指します。頂上まで22分の看板です。
 霧のような雨雲が出てきました。頂上まで約270mです。  頂上手前の岩場ですが小雪が舞ってます。晴れの日にはここからの景色は最高です。  獅子ヶ岳頂上(733m)に到着しましたが、残念ながら雲の中で周りは何も見えません。ここから中岳を経由して七洞岳まで縦走です。
 途中で雪まじりの雨が降ってきたので、雨具着用のため休憩です。  七洞岳までの中間地点になる中岳(731m)目指して縦走します。  中岳手前で楽しい昼食です。みんな朝が早かったのでお腹がぺこぺこです。
 お腹も一杯になったので出発です。ところどころに雪が残っています。  コースの分岐点で、小野さんからコースの説明です。七洞岳頂上まであと1.2qです。  七洞岳頂上手前の「のぞき岩」です。素晴らしい雲景色です。
 やっと、七洞岳頂上(778m)に着きました。みんなが交代で三角点にタッチです。やっぱり雲で絶景は望めません。がっかりです・・・  さぁ気を取り直して、ここから 一之瀬西コースで下山です。少し雲が少なくなってきました。  約30分で林道に出ました。皆さんお疲れさまでした。駐車場に着いた頃には青空も見え上天気になってました。



3月8日(日) 三界坊・高霧間・作衛門ハイク(度会町・南伊勢町)
宮川流域案内人: 坂本 和敏さん
南伊勢町の白滝神社にて集合。主催者でもある南勢テクテク会会長からご挨拶。 流域案内人でもある坂本さんからも一言いただきます。晴天に恵まれ、いいハイクになりそう… 時間の都合で体操を省いて出発。皆さん、気を付けていきましょう!
農作業小屋の隣に登り口があるので、ここから登山になります。 結構な斜面を上がって行きます。木洩れ日がキレイです。 ちょっと休憩。一息ついて鋭気を養います。水分補給も忘れずに。
ピークでもある高霧間の三角点まで到達しました。みんなでタッチ!何か出てきそう? 尾根を歩いていきます。左が度会町、右が南伊勢町です。 落葉樹をよく見ると、春の息吹が感じられます。季節は巡りますねぇ。
大きな岩がゴロゴロしているところも登って行きます。大変だぁ… 苦あれば楽ありで、展望が素晴らしいところにたどり着きます!一休みして眺めます。 みんなで登って、みんなでいい景色を見て… 達成感もあっていい感じです。
三界坊から眺めます!この日初めて海が遠くに見えました。山と海のコントラスト… 林道を歩いて、間もなく朝の集合場所まで戻ってきます。 無事到着!会長から解散のご挨拶。皆さん、お疲れさまでした!





前のページへ戻る