2015年5月の
流域案内人行事等の写真館

宮川流域エコミュージアム

このページでは、すでに実施した流域案内人の行事やいろんな企画における写真を掲載しています。




5月30日(土) 大内山のパワースポットを訪ねて (大紀町)
宮川流域案内人: 小倉 公守さん
集合場所の大紀町大内山支所駐車場。案内人の小倉さんと、参加者13名が集まりました。 出発するとすぐに、大内山川です。橋から見下ろすと、アユ釣りをしている方がみえました。もう、その季節ですね。 その後、大内山酪農農業協同組合の工場見学をしました。コーヒー牛乳は、とてもおいしかったです。
大内山酪農の職員さんに、製造ラインの説明をしてもらっています。質問にも丁寧に答えていただき、いろんな話を聞くことが出来ました。 グリーンパーク大内山で昼食タイムがあり、その後、頭之宮四方神社へ移動したところです。頭の神様として有名ですね。パワースポットに来ました。 神域内を流れる唐子川から拾い上げられた「頭之石」を撫でて、自分の頭も撫でる人が続出。頭がよくなるかな〜。
それでは、国道42号線を一里塚へと歩いていきます。この日は天気がよかったため、国道沿いの道は暑かったのです。 大内山川沿いにある一里塚です。ここから熊野古道芦谷道へと進みます。古道散策は、川からの風を受けて涼しかったです。 大内山駅付近の常夜燈です。明治初年頃、伊勢市河崎からここへ移築されたもの。この後、出発地に戻り、今日の行事は終了となりました。



5月24日(日) トヨタ三重宮川山林 Wooday2015 〜木の香りで癒されたい〜(大台町)
宮川流域案内人: 岡本 雄大さん(NPO法人みやがわ森選組)、 トヨタ自動車梶A叶X林再生システム
昨年秋も好評だったWoodayの新緑版です!大台町のトヨタ三重宮川山林事務所に集合。 トヨタの森に移動していよいよ出発。トヨタが管理する多種多様な樹種が見られる森です。 若き男前林業家3人さんが班長となって、森の大切さを勉強しながらトレッキングです。
さぁ、いよいよ山道を登ります。鳥のさえずりも聞こえてきて、穏やかな気持ちになれます… 虫にやられた松枯れの課題について説明。性質上尾根によく見られる松も枯れているそうです。 下草のシダ類も繁茂しています。日が差し込む山道に豊かな緑が映えています!
頂上付近に上がってきました。緑の山々を見ると、一息ついてホッとします… 後ろの班も合流。総勢30名ほどの参加ですので、みんな思い思いに過ごしています。 少し行くと見晴らしのいいところに。山肌で広葉樹や檜など山の植生の様子がわかります。
…見晴らしがいいのは土砂崩れがあったからだそうです… よく滑りそうだ… 諸戸林業の男たちの写真から映画のエンタメ情報と話が盛り上がって楽しいです! テーマの木の香りにちなんで、木の香りの嗅ぎ比べです。解説どおり違いがあるのにビックリ!
昼食タイム!見晴らし台に座って食べるランチは格別です… 足に根が生えそうだ… 間伐実演の後、皮むき体験。水を吸い上げているこの時期は皮もよくむけるそうです。 各班みんなで協力して皮をゆっくり長く長く剥いでいきます。というのは…
木の皮長さトライアル!こんなに長く!優勝した班には木のマグネットがプレゼント! 次は木のクラフト。皮をむいた檜などをカッターで彫っていきます。和菓子の黒文字を実演! みんな黙々と製作中… 流線見事な美しいバターナイフを作り上げた人もいましたよ!
材料は持ち帰ってご自宅で製作してもらうこととして、下山します。最後の難関? 最後に水まんじゅうとオリジナルお茶でお菓子タイム!鼻孔だけでなく胃も癒されました。 みんなで記念撮影!晴れ男晴れ女たちでいいトレッキングでした!みんなありがとう!



5月23日(土) 清流宮川の支流を歩こう・濁川(多気町・大台町)
宮川流域案内人の会主催: 濁川担当 寺村 善治さん
集合場所の大台町役場駐車場。参加者37名に留意点などの説明をしています。今日はよい天気になりました。 大台町上三瀬の民家と茶畑のなかを歩いています。ゆるやかな坂道で、ウォーミングアップに最適ですね。 第8代伊勢国司、北畠具教の館跡「三瀬の館跡」で大台町の宮川流域案内人・筒井さんによる解説がありました。
ここは、上三瀬東池付近。寺村さんが指さす方向の地蔵峠を越えるとのこと。越えられるかな・・・ 急な道ですが、参加者は健脚ですいすい登っていきます。事前に道の手入れをしてくれていたようで、安全に通行できます。こういう気遣いはありがたいですね。 頂上付近の地蔵さん。昔の写真を調べて、鹿や猪によって土のなかに隠されていたものを掘り起こしたそうです。
地蔵峠の頂上です。ここを越えれば多気町。ようやくここまで来れました。 林道に、三瀬越し・重爆撃機墜落鎮魂碑の標識が建っています。第二次世界大戦末期の出来事を解説していただいた後、お昼タイムとなりました。 砂防ダムに土砂が堆積してできた上津又川の角支小場広場で、恒例の記念撮影をしました。皆さん笑顔がこぼれていますね。
川沿いの平坦な林道を歩きます。凛とした空気を感じながら、きれいな川の流れを眺め、すがすがしい気持ちになりました。 緑豊かな林道のなかを進む一行を撮影しました。リタイアする方もなく、みなさん足取りは軽そうですよ。 里山に下りてきて、重爆撃機墜落の石碑が建てられた分岐点に到着。この石碑は、多気町車川の住民が慰霊のため建てたようです。
のどかな車川の集落を通り、かつて醸造業を営んでいた油田邸のところまで来ました。落ち着いた町並みです。 油田公園でしばし休憩。寺村さんの奥様から、いばら饅頭をサプライズでいただくことができました。とても美味しかったです! 車川を出て、次の峠「雷ケ戸峠」に向けて出発しました。峠を越えると大台町。終点までもう一息ですよ。
雷ケ戸峠を越えて、三ツ谷池公園まで下りてきました。疲れのせいか、峠越えの写真は撮影できていませんでした(笑)。 JR川添駅までの道を進みます。このあと、17時過ぎの電車に乗り、JR三瀬谷駅まで移動をします。 無事、川添駅に到着し、ホームで解散式を行いました。皆さん、16km、2つの峠越え、お疲れさまでした。



5月17日(日) うにの郷新緑まつり (明和町)
宮川プロジェクト事業(活動集2015 活動204): NPO法人うにの郷クラブ
今日は明和町で行われているうにの郷クラブさんの新緑まつりに来ました! 50名ほどの参加者が見えたそうです。いろんな世代の人たちが交流を深めています。 ペットボトルで風車作り。カラフルで個性的な風車がたくさんできています。
こんな感じで、風に吹かれてカラカラと回る仕掛けです。なんかにぎやかになります! 食楽会場では、タケノコや山野草を使ったご馳走が振る舞われます! どーだ!この筍ごはんと山野草天ぷらの竹筒盛り合わせ!お腹すいてきたなぁ…
こちらは竹炭を作る窯です。竹にゆかりのある明和町ならではでしょう。 自然を利用した遊園地。深いハンモックのように網にはまって楽しそう… 田植え体験もできる田の上には、新緑の季節に映えるコイたちが華やかです。
周辺の里山では、竹遊びに使う竹を刈り取るため、子どもたちが大活躍したそうです。 竹を刈ったり、木も植えたりして、里山遊びもあって、楽しい一日になりました。 竹林の緑の中の手づくりバンブーハウスで休憩してほっこり…ありがとうございます!



5月17日(日) 薬用植物観察会 (大紀町)
宮川流域案内人: 成瀬 慶介さん、 一般社団法人伊勢薬剤師会
大紀町サイクリングターミナルの近くで集合しました。バス乗車の参加者も多数いて、人気行事ですね。 案内人の成瀬さんが、注意点などの説明をしています。63名が5班にわかれて出発です。 サイクリングターミナルの横で、柵の下を覗いています。なにがあるのかな?
道端の植物を見ながら写真に納めたり、メモをしたり。参加者の方は熱心に記録をされています。 サンショウの木を少し折り、特徴を説明しています。道端にも、聴き慣れた薬草があるのですね。 滝原森林公園のあたりで山道に入っていきます。一列になって進みます。
頂上あたりの東屋で小休止。皆さん、お茶を飲んだり、甘いものをつまんだりされてましたよ。 山を下って、池のそば。うるしの仲間の「ぬるで」を発見。茎に翼がついているのが特徴らしいです。 2時間半で出発地点に戻って終了。近くでお弁当を食べてから、参加者に配られた地域産品交換券を消費しに木つつき館へ。2倍楽しめる企画でした。



5月17日(日) 春日嶺(1038m)縦走 (再企画 天候不良のため16日(土)から順延) (大紀町)
宮川流域案内人: 小野 幸年さん
昨日時点では38名が、雨天で今日に変更し26名に減少。しかし、山好きで元気そうな人ばかり。晴天で少し風があり肌寒く登山には最適な日である。 昨年末に行政に作ってもらった案内図で今日の行程を説明した。 台風でこれからの作業道は崩れており通れず、3日かけ新しい道を造った。急登を控え一本立てた。
1時間余りかけ登坂、751mの尾根に到達。遠距離から見えた方が多く、早朝家を出られているため、休憩をこまめに取った。水と菓子で空腹を解消。 池の谷越えは赤羽方面と桧原(池の谷)方面との分岐で大内山の最も深い箇所です。両側が岩で牛首の谷である。 道中一番の急登。長吉坂を登ると長吉平、いよいよ1,000mの稜線歩き。原生林が続き登山者を満足させてくれます。
登山口より3時間半、12時過ぎに、ようやく昼食。和やかに山の話に花が咲いていた。一人一人に話して回ったが、ソロ登山をしている人が多かった。 かつて案内板や標識があったが、捨てられていた。迷った人がおり、登山者の事故防止のため分岐に標識を付けた。 下り道の危ない所にロープを張り事故防止に努めた。ルネッサンス企画は参加者が一定でないため、この点が必要。
道中で最も悪いガレ場を慎重に越える。ここがシンパク倉。昔、大勢でこの倉にシンパクを採集した話は有名。 もう一つのピーク犬戻の高(1013m)。山名標・案内板が設置されていたが取り外されていた。山名標を付けて山について説明した。 下ること1時間30分、林道に出た。ホッと一息。近くに登山の拠点があり、案内板や標識を見て登山グループが楽しんでいた。


5月17日(日)宮川流域ルネッサンスPR事業
阿曽湯の里春祭り(大紀町)でパネル展示、DVD上映、かわせみぬり絵などによる活動PRをおこないました。
交流館たいき前にブースを設置させていただきありがとうございました。
ぬり絵が終わったら、パウチをして下敷きのようにします。 一心不乱にぬってます。わっ、少しはみ出したけど・・・OKで〜す。 すごい人です。宝さがしに参加の皆さん。どんな宝物が見つかるのか楽しみですね。
やった〜お宝見っけ!どんなお宝なのかなぁ。ワクワク、ドキドキ楽しみです。 子どもたちは、一生懸命ぬり絵をしてくれました。どんな仕上がりになるのか楽しみです。 こちらの金魚すくいも盛況です。うまくすくえたかな?やっぱり、祭りは楽しいですよね。
これは自然エネルギ−。自転車をこいで、一生懸命こいで、はたして発電量はいかに? 華やかな音色!大正琴の演奏が会場に響きます。いろんな曲を奏でてくれました。 カワセミぬり絵は大盛況。カワセミが住む宮川の自然!宝物を大切にしましょう。
トロピカルなムード!阿曽が南国ハワイに変身。美しい踊りに見とれてしまいます。 見てみて。ほら、うまくぬれたよ!色使いがGoodだね。お母さんも笑顔です。 フィナーレは恒例の餅まきでした。お餅があっちへコロコロ、こっちへコロコロ!



5月16日(土) かえる道場2015 (大台町)
宮川流域案内人: 岡本 雄大さん
今年もカエルが鳴いたから「かえる道場」!もみじ館に集合、親子での参加者がたくさん!遠くは紀宝町から来られました! NPO法人みやがわ森選組のメンバーで、かえると言えばこの人!エビちゃんです! 明るいうちに、かえるがいる浦谷区の集会所まで車で移動してきました。
暗くなってきたから足元に気を付けてね。ちゃんとライトが点灯するか確認! ん?こっちでかえるの鳴き声がするよ!どこどこ!
慌てない、慌てない
しっかりエビちゃんがカジカガエルを見つけたよ!
望遠鏡をスタンバイ!
私も見たいぃ〜 小さいから届かないね。お父さんにリフトしてもらって… 見えたぁ? まだぁ〜 どう? あ、見えた〜!いたよ! 子どもたちに続いて大人も望遠鏡を覗きます。大人の方が興味津々だったりして。
今年も竹平さんちの田んぼでかえるを捕まえさせてもらうよ。田植した後だから、はまらないようにね! ここにいないかな?
いるといいなぁ〜
うわっ、みんなドンドン田んぼに入ってきたよ。かえるがビックリしてないかなぁ?
あぜ道で立ち話。エビちゃんに捕まえ方を教えてもらっているのかな? 捕まえたかえるを観察中!
うわっ、いっぱいいるね〜!
こっちのかえる、あっちのと比べると大きいね。よく見ると体の色も違うよ。
田んぼには、かえるとおたまじゃくしが仲良く同居していたよ。 このかえる、ガラスにピッタンコしてる〜
その上では…体操しているのかな?
子どもたちの探求心は旺盛です。きれいな瞳でじっと見つめていました。
みんな田んぼから戻ってきて、エビちゃんの話を聴きます。 かえるの種類っていっぱいあるんだね。かえるはオスよりメスのほうが大きいって初めて知ったよ! それにしても、子どもたちも、いろんなことよく知ってるね〜! エビちゃんも感心しきり。
鳴き声はこんな感じだよ。かえるの鳴き声を録音したCDを聴かせてもらいました。耳を澄まさないと周りで合唱しているから聴き取れない。 エビちゃん、今年も大人気でした♪ 何だかんだ言って…エビちゃんが一番楽しそうにしていたよ!



5月6日(水・振休) 大平の高から間弓の行者山に縦走 原生林とシャクナゲ観賞 (大紀町)
宮川流域案内人: 小野 幸年さん
集合場所は元グリーンパーク大内山駐車場。4名欠席で総数36名。行程や注意事項等の説明して出発。 旧大内山で整備し、村が登山実施していたため、立派な橋が架けられている。素晴らしい谷が続く。 道中で一番危険な岩場。山に慣れている中級以上の方を対象にしたのもここがあるため。安全のため2本のロープを張りスタッフがフォローして通過。ヤレヤレ…
危険な岩場を登るとシャクナゲ坂である。ホット一息付けたいところで休憩。菓子とお茶で空腹を解消し長い坂道に備えた。 ガレ場の急坂を登ると55m の落差のある大きく見事な大滝がある。 滝の上の岩場に不動尊が祀られている由緒ある滝で、地元の自慢の滝です。
シャクナゲ坂。バラバラに石楠花が現れるが、少し峠が過ぎた感じがする。写真を撮る人あり。 シャクナゲの花について案内人より種類、特長、見方等について説明。 広い原生林をトラバースしながら進む。古木が倒れ歩行を遮っている箇所随所にみられる。これが自然の営みで我慢して歩く。
分岐点や山頂には表示板が設置されており、迷う心配がなく安心して山行が楽しめます。 今回の最高峰である大平の高(875m)到達。早めの昼食をとった。山の話に花が咲き交流の場となった。ここから登山者が巣立っていった。 今日の登山の目的は、この間弓の行者山を踏破することであった。石佛が祀られていること、景色がよいこと、大きな岩の上にあり国道からも見えること。
昭和14年(1939年)建立、役行者が祀られている。駒の行者山と同じく修行の場であったのか? 下ってくると、大平谷の尾根が見られ、よくここまで歩いてきたなと感心するところ。秋の紅葉も見たい。 10年来この景色を眺めてきたが、国道、高速、町々の姿が時代と共に移りゆくのが分かります。
長い長い坂道を下るため、足を痛める人が出始め、一服。よくあることですが、足で踏ん張らないで小股で下りるのがコツです。 シャクナゲ観賞は今一歩であったが、下り道にピンク色のオンツツジが次々現れ、シャクナゲの至らなかった分を補ってくれました。 ピンク色で美しい花だけでなく、木が大きく森全体が彩り。思わずカメラを向けたくなりました。立ち止まって突然撮影会になりました。


5月5日(火・祝) 道方山(661.4m)登山 (度会町・南伊勢町)
宮川流域案内人: 坂本 和敏さん 、 NPO法人南勢テクテク会
晴天に恵まれた子どもの日。野見坂トンネル付近で集合、開会です! 準備体操をして、さぁ、道方山目指して出発。早速登り道です。 急な坂を上りきって、尾根に出ました。しばし休憩して、今度は尾根伝いに歩きます。
結構高低差がありますが、皆さん、元気です!笑顔やVサインが溢れていますよ! 雄大な景色も垣間見えてきます。清々しくて、癒されますねぇ… 子どもの日だけあって、小3女子は元気に可愛くピース!こちらも元気になれます!
道方山頂上まで、あと0.6q… あと少しだ。さぁ、がんばれ! また一段と進んだ感じか… 初夏の日差しに緑が映えます! 杖を持ってがんばっていますね! あと少しですよ、さぁがんばりましょう!
シャクナゲの花… 自然の中で、すてきにきれいにたくましく咲き誇っています! 道方山頂上だ!熊野灘の海岸線と水平線がきれいです!地球を感じますね… 天気も景色もいい子どもの日に親子で山登りなんて…幸せだなぁ。あやかりたい…
こんな広々として、景色もよい所でホッと一息。日常を忘れてリラックスです… 三角点にタッチして、ファイト!オー! 美男美女たちが青春していますね! さぁ、鋭気を養って帰り道。急な下り坂が続きます。気を付けてね!
おっと、大丈夫か! 滑ってしまったようですが、元気な小3女子には愛嬌の一つかな。 無事帰還!お疲れさまでした。ストレッチ体操も入念に行ってくださいよ。 最後に南伊勢町見江島展望台から「恋人の聖地」ハートの入り江!来て見てくださいね!



5月2日(土) 斎宮ほっつき歩き・きっちょ夢広場【特別編】 (明和町)
宮川流域案内人: 渡邉 幸宏さん
ゴールデンウイーク真っ盛り。晴天の中”ほっつき歩き”は始まりました。今から、タケノコ堀に行きますよ。 タケノコ堀の前に少し歴史の話を。今は田んぼですが。この辺りには”倭姫が足を洗った”という湖があったそうです! タケノコ見っけ!半月遅れで少し時期は過ぎましたが、掘りましょう。掘りましょう。折っちゃ駄目ですよ〜うまく掘れるかな?
うまく掘れました。100点満点ですね。それもそのはず渡邉さんが掘りました! さあ、皆さんもタケノコ探しが始まりました。見つけたらスコップでうまく掘ってみてください。 竹筒ご飯用の竹づくり。切れ込みは必ず斜めに切ってください。まっすぐだとふたが落ちます!
う〜ん。うまくできました。ささくれをきれいに落として、あとは水で洗ってOKです。 タケノコも一緒に焼きま〜す!暑いなかですが、頑張って竹筒を吹いて火をおこしてくださいね! 竹筒ご飯が出来るまでのあいだに山菜取りにいきますよ。行かれる方は集合してね!
土手でヨモギ取ってます。ヨモギ餅は美味しいよなって。う〜ん、天ぷらはどんな感じになるんでしょう? 自然に生えた茶の葉。これもおいしいそうなので、いただいちゃいますね。自然は素晴らしい! アカメカシワの葉は蜜を出してアリさんを呼ぶそうです。アリがくることで害虫から身を守っています。なるほど!
今回の収穫です!藤の花、青ダラ、茶の葉、ワラビ、スギナ、ヨモギに・・あと何でしたっけ? 竹筒ご飯が出来上がってました。う〜ん。これはおいしいです!お焦げがまたウマイ。 暑い中、熱い天ぷら、いやおいしい天ぷらを揚げていただきありがとうございます。
タケノコの味噌汁が登場しました。バーベキューとは違う楽しみ方を満喫することができました。 こんな感じですよ。天気もよく、自分たちで採ってきたきた山菜を天ぷらにして食べる贅沢! 思い思いのカップを作っています。太い方は当然ビアカップです!乾杯が待ち遠しいですね。





前のページへ戻る