2015年12月の
流域案内人行事等の写真館

宮川流域エコミュージアム

このページでは、すでに実施した流域案内人の行事やいろんな企画における写真を掲載しています。


12月13日(日) 花ももの植樹をしませんか (伊勢市)
宮川流域案内人 : 岩ア 理さん
小雨があがって、いよいよ秋の植樹の開始です。 手づくりの植樹手順書はわかりやすいですね。 事前に掘られた穴に花ももの苗木を植えていくのですね。
北西から吹く強風で苗木が倒れないように。杭の角度が重要なんです。 茶色の土を少し堀出し、穴に苗木を入れ土をかぶせます。 昨晩からの雨のおかげで、杭打ちがしやすかったようですね。
数年後腐って取れるように、杉皮とシュロヒモで苗木を杭に固定します。 植樹会場はサンアリーナの北側。公園のそばです。 今回は30本を植えましたよ。
近くの池にはカモが数羽、錦鯉も優雅に泳いでいましたよ。 これまでで、トータル2千本!の花ももの植樹を完了したそうです。 次回は4月第2週に行われます。お楽しみに!



12月12日(土) 熊野古道伊勢路旅 女鬼峠編 (多気町)
宮川流域案内人 : 奥村 清司さん
総勢34名が参加した女鬼峠編!いよいよスタートです!12月中旬なのに汗ばむ暑さです。 奥村さんの案内にも力が入ります。これは「くちなし」で、400本ほどが自生しているそうです。 青く澄みわたる冬空と池の水面。山の紅葉が色を添え、自然の素晴らしさを感じます。
マメナシの木。明治35年に四日市で発見されたとのこと。案内人さんの話に聞き入ります。 さあ、ここから女鬼峠です。風情ある竹林をぬけて、元気いっぱい歩きますよ! 昔は「ありの熊野詣」といわれるほど、たくさんの人が旅して、お参りに行っていたんですねww
昨日の風の影響かな?木が倒れてるよ!大丈夫、足長いから余裕〜!なんてね。気を付けましょう。 女鬼峠の頂上からの眺めです。ここまで来るととても暑いです。喉が渇いたのでお茶タイムしましょうね! 下り坂だよ〜滑らないように気を付けてください!峠と聞くと大変そうだけど、歩きやすい峠でした。
名号碑と如意輪観音像の前です。伊勢の梅香寺の僧、寅載の筆だそうですよ。 お腹すきましたね〜まごの店ですよ!朝出発した時には、すでにお客さんが並んでました。 ご覧あれ!高校生が全部作っているんですよw いつも満席で・・・念願叶いました!!
天ぷらサクサク!煮物はアツアツ!ここを目指すには訳がある。大変おいしゅうございました! 昼食後、多気町特産品争奪クイズ大会!宮川が清流日本一になった回数?? お疲れ様でした!ファミリーでも楽しめる女鬼峠。ぜひ、みなさんも楽しんでください!!



12月6日(日) もみじ名所 網掛山登山(大内の高まで(山歩きをしている方)) (大紀町)
宮川流域案内人 : 小野 幸年さん
スタッフが風で欠席…受付をします。慣れているが忙しく間違いのないように…長い道程で岩場もあるので、注意を促します。 案内板にて行程の説明と注意事項を周知する。資料も配布。個人での登山にも活用できます。 他の道が横断しており、道を間違えやすい箇所もあります。
浅間山の生立ちや歴史・言い伝えについて語る。「自分の郷でも同じような祭事をしている」とのお返事もいただきます。 通常であれば見事な光景ですが、今回は時期が過ぎてしまったが、それでも展望岩からの眺めは素晴らしい! 最大の難所。ロープを頼りに岩場を登る。100m程だが、慎重に進んで、無事に登ることができた。
勾配のきつい箇所にも休憩場あり。大内の高コースはよくできた登山道。往路も苦にならない。 帰路はもみじ谷コース。落ち葉の遊歩道を歩む。しかし、モミジは今一つ我慢…来年に期待。 落ち葉の素晴らしい遊歩道を進む。
もみじ谷西口。広く開け雄大で素晴らしい。大台ケ原や紀州の山々が展望できる西コースをとる。 駅コースは長い坂道の途中で一本立てる。道中に大きなもみじの木が紅葉していて終盤に楽しませてくれました。 駐車場に全員無事帰着しました。お互いに健康を称え合います。お疲れさまです!



12月6日(日) 伊勢市御薗町高向の おわけ祭を見学しよう! (伊勢市)
宮川流域案内人 : 北村 武久さん
黄葉がきれいな高向神社。今日は9名の参加者。遠くは兵庫県からだそうです。 もう始まっています…神聖に厳かに執り行われています。神主さんは気さくないい方です。 今年の収穫を感謝する農耕儀礼のようです。酒や米、野菜などをお供えし感謝します。
お供えしたものを下げ渡して、いただくようです。立派な箱に詰めていきます。 これを住民の方のおうちにお供えするようです。そちらも謹んで拝見させていただきます。 帰り参道で、北村さんから解説。このルーツは弥生時代というから、なんとも壮大です。
今年当番のおうちの前に据えられたこれが「おわけさん」というそうです。作製も大変だ… 参列者は手前の水で清めてお祓いを受けてから、おわけさんにお供えしていきます。 2月には御頭神事という松明を焚いて練り歩く勇壮なお祭りもあるそうです。見てみたいなぁ



12月5日(土) もみじ名所 網掛山登山(網掛山のみ(初心者歓迎)) (大紀町)
宮川流域案内人 : 小野 幸年さん
阿曽温泉から車移動し登山口に近い駐車場へ集合。さすがに寒いですが晴天でよかった。 登山の前の準備運動。体が少しずつほぐれてくる〜 小野さんが作った看板。イメージしやすい地図でこれからのコース説明をしてくださいました。
阿曽浅間山と網掛山の登山口。初心者歓迎コースとはどんなコースなのでしょうか。 まったくの初心者ですが案外登りやすかった。どんどん体が暑くなり良い運動になります。 浅間山の山頂450m地点で小休止。リピーターの参加者さんもいらっしゃいましたよ。
木々の切れ間に近くの山が見えます。笠木山と聞いたような。 ここは林道終点の駐車場。どの季節に来ても、もみじ谷には魅力があるようです。 参加者の体調が良好で、ここから網掛山の山頂までは尾根コースを通ることに。時間短縮!
網掛山山頂に到着!爽快な気候のなか皆さん記念撮影を楽しんでいらっしゃいましたよ。 では好きな場所でランチにしましょう。南斜面は日差しで暖かく解放感ある所でしたよ。 ランチ後、(恐怖の)東尾根を下り、右に折れ、もみじ谷へ来ました。あれ?
今年は紅葉の色が良くなく、それを知ってか、見物客にはほとんど出会わず・・・残念でした! そのまま西へ進み石灰採石跡へ。全部採石されていたら今頃はもみじ谷はなかったとか。 どんどん進むと、国道42号線沿いの家々が見えてきました。山の稜線がきれいですよね。
駐車道を交差し林道を下ると、紅葉でまだら模様の山々が、夕日に照らされ美しかった。 下山途中にあるセッコク岩付近で。昔お医者さんが別荘を作っていたところだそう。 その後登山道を通って21名全員が下山しました。約7kmの網掛山登山、無事終了〜



前のページへ戻る