2016年2月の
流域案内人行事等の写真館

宮川流域エコミュージアム

このページでは、すでに実施した流域案内人の行事やいろんな企画における写真を掲載しています。


2月13日(土) 伊勢市御薗町高向の 御頭神事を見よう! (伊勢市)
宮川流域案内人 : 
北村 武久さん
今にも雨が降り出しそうな空模様。ラブリバー公園の碑(桝屋 案内人さん提供写真です! 鳥居前には立派な幟がたくさん掲げられ、少しずつ気持ちが盛り上がってきました! ご神前での獅子舞に間に合わず…残念。エィトゥエィトゥと元気な掛け声とともに、行列出発!
この行例は一軒一軒まわり、布久目物を御頭さんが口に召されて、邪気を払うそうです。 おわけさんがある祷屋番に来て、御頭さんをサンヤ・ロクヤなど叫んで威勢よく振り回します。 ドンドンッ!カッカッカッカ!このリズム良い太鼓の響きが気持ちよく踊りだしそうになります。
御頭さんは、カミさん・カブラさんの雌雄2体あるそうです。いったんここで据えられると… 若い共盛団たちが、飛び込んで奪い合います!調子に乗って私も飛び込んでしまいそう… っと!大社鳥居前では北村さんの解説とご案内が始まっていますよ!急いで戻ってきました。
参加者13名さんと北村さんとで、祷屋番に戻り、お話を聞きながら、七起しの舞を拝見。 ヤマタノオロチを退治する七段構成の舞だそうです。横笛の音色も加わり、厳かな感じ… 酒樽に首を突っ込んで美酒を飲み干し、酔っぱらって寝ています。その間に幸運の髪をゲット!
クライマックスは天狗の面をつけた子を炎の上に渡します…昔はいけにえだったんだとか… 北村ツアーに出ます。加牟良(かむら)神社跡の碑。高向大社に合祀されたそうです。 後期古墳時代の高向遺跡、それ以前は氾濫が多く、人は住んでいられなかったそうです。
高向の中を一通りご案内してもらって、夜に行われる打ち祭りの場所を見て、ありがとうです。 夜の打ち祭りに行ってみたら、それはそれは勇壮で、松明に御頭さんがぶち当たることも! 2体の御頭さんが、松明と太鼓に導かれ、雨の中、疲れを知らず舞い続けています…すごい




前のページへ戻る