2016年3月の
流域案内人行事等の写真館

宮川流域エコミュージアム

このページでは、すでに実施した流域案内人の行事やいろんな企画における写真を掲載しています。



3月26日(土) 滝原 浅間山 登山 (大紀町)
宮川流域案内人 : 
小野 幸年さん
森林公園にて、参加者へ連絡・注意事項を伝え、体操をしてから出発です。 祝詞山への登山口に標識を地元の方が建立されました。これで訪れる方も安心して登山ができます。登山口を探すのに苦労した経験をお持ちの方が多いと思います。 3km登ってきたところで登坂に備え休憩を取りました。中高年中心の登山のため、こまめに休息を取ります。
地元の有力者によって明治2年に建立されました。お参りする参道も整備されていましたが、最近は荒廃しているため、我々登山者がその都度整備しています。 鉄塔からの展望は良く、休憩を取りました。近くに700m級の度会の山が点在しています。 鉄塔から滑らかな登りとなり、やがて林道へ。前方は開けた雄大な絶景。紀伊半島の高峰が現れ、登山の醍醐味が味わえた。天候がよく参加者は満足されていました。
林道が続き、前方が開け気分よく進めます。度会の峰が展望できる好所です。ここから森に入り頂上を目指します。 いよいよ鉄塔が連立する頂上に到着しました。舗装された道が通っています。広々とした見事な頂稜で山頂とは思えない雰囲気があります。 三角点が石垣で囲まれそのまま置かれています。10年前に設置した案内板は古くなっていますが役割は果たしているようです。
下りは何回も林道が横断していますが、下り口で木が倒れ道が荒れて分かりづらかった。今回で安心して通行できるようになりました。 2回目の横断では、昔トングワで掘った道が続いており、しっかり見て下ります。テープがあり分かり易くなっています。 40分程下り足を考え休憩をとります。森林の中を下ってきましたが、ここから前方が開け絶景です。休憩すると山の話に花が咲いています。
前方全面が開け、思わず声が出ました。みんなが一斉に前に進み伊勢湾を眺め、その眺望に感動していました。 下りの中間点。長らく展望を楽しみ足を休めます。落ち葉と倒木の道を下っていると足は疲れないのです。 絶景が近くなり、写真撮影と景色を眺めるため何回も立ち止まります。そして在所の名前が飛び交っています。
下りきった所で林道へ。疲れた体を休めるため休憩をとりました。ここからは歩き易い道を1.5k進んでいきます。 県道を1km下る。猛スピードで走る車に注意が必要です。全員、道路の端を一列縦隊で歩いておられ安心しました。 ようやく駐車場に到着して安堵しました。怪我もなく無事帰着できたことへお礼を述べ解散となりました。



3月26日(土) 桜コンサート〜大紀町柏崎の枝垂れ桜のもと (大紀町)
宮川流域案内人 : 
浜口 素則さん、 小倉 憲子さん
今日は国道42号沿いにある「山海の里紀勢」から大内山川を越えて、この先の集落へ向かいます。 桜コンサートの会場にある枝垂れ桜が見えてきました。なんともまあ大きいことです。 ふむふむ、大紀町の天然記念物なのですね。現在は樹齢160年超えみたいです。
会場で当協議会作成のチラシを発見。大蓮寺さん、浜口さん、ありがとうございます。 桜コンサートは今年11回目。初めてお邪魔しましたので、楽しみだなあ〜 コンサートが始まりました。コーラスかすみ草の皆さんが登場し、ステージに華が咲きました。
心洗われる音楽と美声のマーヤの会の皆さん。普段から仏教賛歌を唄っていらっしゃるそう。 ほぼ満席状態。地元の方だけでなく町外からもお客さんが来ていましたよ。人気なんですね。 今年は地元小学生によるお茶会が催され日本の伝統文化に彩られた会場は一層華やぎ・・・
コーラスの指導もされる大蓮寺住職の奥様による独唱では素晴らしい歌声にうっとり〜 紀勢ベンベンバンドの懐かしいフォークソングには口ずさむ方がちらほら・・・ 大紀町四季の歌!宮川流域フォークアンサンブルの浜口さんと小倉さんがトリで登場〜
息の合った演奏でオリジナル曲「ありがとう宮川」など5曲をしっとり、時にはテンポよく唄っていただきました。 撮影に来ていた地元ケーブルテレビ局の放映予定を紹介していただき本日のコンサートは終了しました。お疲れさまでした。 一年中花に囲まれる大蓮寺。来年のこの時期もきっと綺麗な花に出会えるでしょう。お楽しみに!


3月5日(土) おひなまつり茶会 (大紀町)
宮川流域案内人 : 
野呂 保之さん
2日間のおひなまつり茶会が阿曽公民館で開催。梅の花が華やかな雰囲気を醸し出します。 たくさんのお客さんで受付が列をなしています。案内人の野呂さんも大忙し… 保育園児作のおひな飾りの前で記念撮影!個性的でかわいらしいおひなさまばかり。
いろんな趣向を凝らしたおひなさまがたくさん…生け花にひっそりとお二人の姿もあった! 地元の方のおもてなしで、ひな飾りとミニ庭園が登場。優しくも華やかな雰囲気です。 お茶とお菓子を、本物のおひなさんが届けてくれます。菱のお菓子に抹茶がよく合っています。
お師匠さんに呈茶の作法を直々に伝授。こういう文化も継承されていくのですね… 少々苦めの抹茶ですが、作法よろしくしっかりと味わっていますね。見事なお点前です… 松竹梅におひなさま、加えて抹茶とお菓子で、身も心もほっこりしたおひなまつり茶会でした。




前のページへ戻る