2016年5月の
流域案内人行事等の写真館

宮川流域エコミュージアム

このページでは、すでに実施した流域案内人の行事やいろんな企画における写真を掲載しています。



5月31日(火)  むかしのくらし博物館 普通救命講習 (大紀町)
宮川プロジェクト事業 : 
WE LOVE 金輪地域づくり協議会
火事ではありません…むかしのくらし博物館で普通救命講習です。万が一への備えが大事! まずはビデオで勉強。命を救う救命の連鎖には、現場の皆さんの一次救命措置が大切。 大台町三瀬谷の奥伊勢消防署から救急救命士お二人がご指導いただきます。勉強します!
応急手当講習テキストに沿って勉強。イベント時の緊急対応を事前に知っておくことは重要です 胸骨圧迫と人工呼吸を実際にお手本を。なんか、緊迫感と緊張感が湧いてくる… さぁ、みんなで実際のレッスン開始!大紀町日本一のふるさと村の方々も受講しています。
柳田さんも胸骨圧迫。ヒジや姿勢など実際に手取り足取り教えてもらえるので、実になるよね! 質問も飛び交います。それを実体験に沿って丁寧に教えていただきます。時間が足らない? 交代…みんな一度は胸骨圧迫と人工呼吸を実際に練習してみます。体験しておくことが大事
若くてキレイなスタッフさんも勉強。お客様だけでなく、自分の大切な子どもたちを救うためにも! 日々進化しているAED。最新機能をチェックできるのも、定期的に受講するメリットでもある。 AEDと胸骨圧迫、人工呼吸を二人ペアで練習。呼吸とタイミングを合わせて連係プレイだ!
出血部位にタオルとビニール袋で直接圧迫止血を勉強。直に血に触れない感染症対策である モチをノドに詰まらかした臨死体験話?があったので腹部突き上げ法を勉強…生きててよかった いろんな質問と実体験に基づくご教示があって、とっても勉強になります。みんなありがとう!



5月29日(日)  地域づくり団体活動支援事業 熊野古道伊勢路 勉強会
宮川流域案内人  小倉 公守さん
受付の様子 会場は満席状態
          平成28年5月29日(日)13:30〜 
          大紀町の滝原公民館で、「地域づくり団体活動支援事業 熊野古道伊勢路 勉強会」が開催されました。        
          講師は皇學館大学の櫻井教授!たくさんの方が参加され、熱心に耳を傾けメモをとっていました。
          まさしく勉強会!!
          熊野みちと言っていたのに、なぜ伊勢路と呼ぶようになったのかと言う素朴な質問に・・・                       
          先生曰く、後に伊勢へ行く人が多くなって〜時代の変化なんですねwwって!                        
          なるほど〜まさしく時代は変化しています!
挨拶する宮川流域案内人の小倉さん 皇學館大学 櫻井教授のお話



5月22日(日)  阿曽湯の里 春まつり (大紀町)
宮川流域ルネッサンスPR事業
大紀町の宮川流域交流館たいきのある阿曽湯の里春まつりが晴天の中、開催!ワクワク 焼きそば、唐揚げ、たこ焼き、めはり寿司、ピザパン、かき氷、あじさい焼き…おなかすいてきた 我々も、交流館たいきの前に出展しています!案内人さん達の行事をパネルとDVDでPR
こちらはぬり絵をしてくれています。いつもたくさんの方がトライしてくれていますよ。 可愛らしい女の子もトライ。春まつりにはスーパーボールすくいやマリオカートもあります。 DVDにも出ていた小野さんじゃありませんか。今年も登山企画が目白押し。期待大です。
昼近くになって、たくさんの家族連れがご来店。オリジナリティ溢れるぬり絵作品が完成! 阿曽温泉前では乱舞キッズたちの華麗なダンス!軽快なステップがカッコよくキマってる! ハイビスカスの会とフラワーガールの皆さんによるハワイアンダンス…錦の西村さんでは?
南国ムードあるれる音楽とダンスで、なんかゆったりとおだやか〜な感じに包まれます… 小さなお子さんからかわせみ募金のご協力!宮川流域の自然のために、がんばります! 最後は紅白モチまき!紅白のモチが宙を舞い、コロコロと駆け巡ります…おいしかったです!



5月15日(日)  うにの郷 新緑まつり (明和町)
宮川プロジェクト事業 : 
NPO法人 うにの郷クラブ
大仏山の近く、うにの郷クラブで開催の、新緑まつりです。楽しげな声が聞こえてきます。 緑に囲まれた穏やか空間に、悠然とコイが泳いでいます。空に向かって、元気よく! 竹がきれいな里山を散策します。途中には、かつて植樹したアジサイも立派に成長しています。
約70名ほどの参加者で緑の公園づくりです。この苗たちも立派な街路樹になるんでしょうね 遊覧船「あかがえる」号にお姉ちゃんと弟君が搭乗中。ユラユラ揺れるので、落ちないように… 反対側からお父さんが引っ張って、出発進行!楽しそうだな… しかし大人は搭乗禁止です。
どうだ、このランチ!たけのこご飯に、野草やたけのこの天ぷら、里山汁、野菜の酢漬け! 美味しくランチをいただいた後は、水鉄砲づくり。竹を節のところで切って作ります。難しそう 続いて、今度は笹舟づくり。自然の植物になじみながら、集中して作っています。
こんな感じで上手にできました。作り方を覚えておいて、川で笹舟競争も楽しそう! 緑の中から賑やかな声が… 女の子たちがトランポリンで跳ね回っているじゃないですか! 最後はタケトンボをプレゼント!飛ばすのに、なかなか手こずっています。思い出深い一日に!



5月15日(日)  斎宮ほっつき歩き・斎宮池玉城町側A編 (明和町)
宮川流域案内人 : 
渡邉 幸宏さん
薄曇りの中、斎宮調整池前に総勢19名が集まりました。約10km先の田丸城を目指します! 調整池としては県内一の規模を誇る斎宮調整池を回ります。散歩されている方も多いです。 内宮摂社の一つ、棒原(すぎはら)神社を眺めます。左の緑豊かな山のようなところです。
苗の緑が揺れる田の畦道を歩きます。なんか、のんびりして、ほっつき…って感じです。 中央の黄色いのが、笹の花だそうです。本来、地下茎ですが、環境が悪いと花が咲くそうです。 笹とか、竹とかの話となると、夢中になってしまう渡邉さん… 興味深くて話が盛り上がります。
伊勢本街道に出て、正念さんの人柱供養碑塚。旅人の安全を祈って亡くなられたそうです… 玉城まちかど博物館の布庵さんを見学。一閑張り(いっかんばり)という作品がずらり! 落ち着いたバッグや小物入れなど、素敵なものばかり。アクセサリーもありましたよ。
坂手國生(くなり)神社に到着。奥まで続く、苔むした石畳は、涼しく静かで趣きあります。 皆さん、何やら発見したようです。石畳にハート形の石が!あちらにもあったりと、神経衰弱か まちかど博物館みやの窯さんで、自由自在なろくろの実演!このサプライズは感動ものです!
貴重なのぼり窯まで案内。窯の中の様子も見れて、高温で素敵な焼き物ができるそうです。 サニーロードを横断し、田丸神社までやってきました!皆さん、まだまだ元気です。 田丸城まであと少し。日差しも少し出てきて、いっぱいの緑が映えています。
立派な石垣を誇る田丸城。山城と平城の中間的な城だそうで、全国的にも珍しいそうです。 花咲く緑のじゅうたんで、ランチタイム。静かで気持ちの良い場所で賑やかに話が弾みます。 午後は村上龍平さんのことを勉強して、ほっつき帰りました。皆さん、ありがとうございました!



5月7日(土)  綿を紡いで機織りを・・・まず、棉(わた)のタネまきに参加しませんか! (大紀町)
宮川流域案内人 : 
柳田 さえ子さん
棉のタネまきに総勢13名が集まりました。昔の棉づくり工程をこれから体験していきます。 前もって畝を用意してくれてあり、そこへ参加者が黒いマルチを張って土をかけていきます。 ぬかるんで足をとられ泥んこになりますが、皆さん尻もちもつかず器用にタネを蒔いていきます。
鍬やスコップで土をかける人、タネを蒔く人など、手分けして5列分を蒔き終えました。 1週間で芽が出てくるのだとか。鉢植えポットも作り、これでタネ蒔き作業は終了です。 博物館のなかに入ると、棉繰り機械が2台並べられていまして・・・
収穫後の棉を、タネと繊維に分離するものだそうです。手で分けると結構大変なのですが・・・ 機械にはさんで取っ手をまわしていくと、簡単に手前と向こう側に分かれていきましたよ。優れモノ! この博物館は築約200年の元農家の住宅。昔の暮らしをしのぶ品が多く残されていまして・・・
台所の土間には2つのかまどがフル稼働していました。もうすぐご飯が炊きあがります。 おひつに入った炊き立てご飯から湯気がふわーんとあがり、いい香りが・・・待ち遠しい! かまど炊きごはん、鶏の照り焼き、お惣菜、お味噌汁、どれもおいしくいただきましたよ。
食後に美味しいコーヒーを淹れてくれたスタッフさん。ここにカフェができるといいですね。 そして別棟の農具展示室へ。このお宅に残されていた農具などを数々見せていただきました。 本日はこれにて終了となりましたが次も楽しみですね。収穫は9月〜12月だそうですよ。
続いて、10月16日(日)棉を紡いで機織りを…棉の収穫
さらにその次の、3月12日(日)棉を紡いで機織りを…棉打ちと糸紡ぎ体験




5月5日(木・祝) シャクナゲの山、石の間瀬山登山 (大紀町)
宮川流域案内人 : 
小野 幸年さん
小野さんの第一声!シャクナゲ無いかも〜咲いていることを期待して行きましょう。 ここから登山口です。さてさて、小野さんの中級登山初参加の私!大丈夫かな〜!? 滑らないように注意深く岩の上を歩きます。天気最高!とっても気持ちい良いです。
皆さんひょいひょいと歩いてます!さすが中級者は違いますなぁ〜と思いつつ歩を進めていきます。 丸太橋にも苔がびっしり。落ちないようにそろりそろり渡りましょうねw やっとこさの休憩です。水分やら糖分を補給して・・・何やら楽しげな話し声が聞こえてきましたよ!
登り続けて何時間?木漏れ日と爽やかな風が心地よいです。でもペース早くないですか?? 聖坊とは・・・”坊”がつくんだからお坊さんにまつわる由来があるのではと話しながらの休憩です。 これはシャクナゲじゃないですよ!オンツツジだそうです。赤い花が実にきれいです!
水たまりに黒い点々が!オタマジャクシがいっぱいいました。大きくなったらヒキガエル!だそうです。 本日目的のシャクナゲを見つけましたよ。ほぼほぼ散っていましたが、待っててくれてましたww やっぱり、山からの眺めは最高ですね!気分も上々!心配していた足も大丈夫そうです。
結構きつい上り坂!落ち葉で滑る〜スベル!山登りの醍醐味を味わいながら進みます。 頂上でお昼TIME!お腹すきましたよ。皆さん思い思いに場所を決め、ごはんをほおばります! 変わった形の木を発見!自然の力って面白いですね。こんなに曲がる必要があるのかな?
火の木平からは日出ケ岳が見えますぞ!清流宮川のスタート地点、感慨深く眺めましたよ。 小野さんのお話に皆さん耳を傾けています。さすが、年期を感じる話しぶりは聞く人を魅了します!! 熊野からの女性参加者と。彼女は趣味でトレイルランやってるんだってw う〜ん、タフなはずです。
つづら折りの峠道をひたすら降りてきました。あと少しで下山できそうです。よしよし! 続々と降りてきました。それにしても皆さん年齢を感じさせないパワーがあります。日頃の鍛錬の賜物なんでしょうねww ヒルにも遭遇せず、無事戻りました。
小野さん曰く「今日はまだ楽なコースやでなぁ〜」と!!皆さんお疲れ様でした。



5月1日(日) 薬用植物観察会 (伊勢市)
宮川流域案内人 : 
成瀬 慶介さん、一般社団法人伊勢薬剤師会
本日は100人超の参加者が晴天のなか伊勢市矢持町へ集まりました。 案内人の成瀬さん。7班の受持ちで皆さんに注意点などを説明されていました。 近くに流れる横輪川を橋の上から眺め、川のなかの植物を確認します。
黄色い花はジャケツイバラ。写真がよくなく分かりづらいですが、可愛い花でしたよ。 参加者の皆さんは、説明を受けると、資料に目をとおして熱心に聞いていらっしゃいます。 たくさん植生しているものは一本とり、特徴を説明してくれます。これはヌルデの葉だそうで。
ここまで結構時間もかかりましたが、ようやくスタート付近から歩みだしました。 民家の石垣に自生する植物も観察の対象で。 道端でよく見る植物も、説明を受けると、なるほど〜と思いますね。
進んでいくと、前の班に追いついて、渋滞気味なときも。 こちらはゴマギの葉なのですが、揉むと少しゴマのような香りがして楽しませてくれます。 川のなかにも見るべきものが・・・どこもかしこも宝の山なのです。
進んでいくと神社によくあるというオガタマノキが。川と道とにあまり高低差がなく、自然な形で残されていました。 もうゴールはすぐそこ。ここ横輪川は昨年の宮川流域川サミットを開催した所。懐かしい〜。 到着しました。地元産品の買物ができる「恵の郷 風輪」に到着しました。皆さん、暑いなかお疲れ様でした。




前のページへ戻る