2017年1月の
流域案内人行事等の写真館

宮川流域エコミュージアム

このページでは、すでに実施した流域案内人の行事やいろんな企画における写真を掲載しています。




1月15日(日) 切原峠・竜ヶ峠越え 内宮へ (伊勢市・南伊勢町)
宮川流域案内人: 中野 啓二さん  〜糸川紀洋男さん(宮川流域案内人)からのご報告〜
宮川流域案内人の中野さんと、南勢テクテク会 会長さんからご挨拶 キャンディーズ?とラジオ体操 8:00 出発してすぐの道標を右折し、山道へ
8:20 道は舗装されています 8:25 ここから山道です(切原峠まで1.7Km) 8:40 何度目かの休憩。山道も整備されており安心です
9:25 切原峠にて、五ヶ所湾を望む。中:五ヶ所浅間。左:切原の町 ここには茶屋があったそうです 10:00 峠を下り終えたところに。床の木(いすのき)の案内が
10:35 舗装道路を歩いて行くと「久昌寺」が 11:00 広口の看板。ここから山道に入る 11:10 なだらかな坂道。
11:10 茶屋口。道路標識や名所・旧跡の案内看板はよく整備されている 11:30 かくれ岩 11:45 休憩用のベンチも。キャンディーズです・・・
11:55 竜ヶ峠(たつがとうげ)に到着。少し汗ばんでいた程度でした お昼の休憩。ここまでは日差しも暖かく最高のコンディション! 12:35 出発。道幅が少し狭く、注意して歩く
13:10 谷川を渡る。周囲は神宮宮域の森 13:10 すぐに広い道に出る。あと1Kmだ 13:40 伊勢側登山口にて。総勢56名。ここで解散




1月15日(日) 案内人と水神山に登ろう (大台町)
宮川流域案内人: 筒井 敏さん
日進公民館にて集合。前日の雪で遠方の方はキャンセル…総勢10名で出発です! 濁川を渡る手前で、目の前に木々がすけている山が水神山の展望所。あそこまで登るのか… 水神山さんの説明板。本殿横奥に水が絶えない岩窟がある水神神社が祀られているそうです。
右は千郷峠、左が水神様です。この看板は大台町ふるさと案内人会長が書かれたとか… あら〜地元の方々からのお振舞い…温かく香りの高い栃原茶をいただいて、ほっこり… さぁ、これから登り始めます。結構急な上に、濡れてぐずついており、登るのも大変です。
一旦登りきったところでひと休憩。地元の子どもたちはサクサクと追い越して登っていきますが ここからさらに山道モードとなっていきます。展望所目指してがんばりましょう! 水神神社まで来ました。出来立ての鳥居をくぐります。これも地元の方が設営したとか。
東宮と呼ばれる本殿の祠にお参り。赤いのぼり旗には「水甕神社」とあり、水ガマを連想? この祠の横奥が、絶えることのない水を湛えた水ガマです。こんな山上にも豊かな水量。 そこから少し登ったところに、中宮と呼ばれるほら穴が。石灰岩を切り取った石切り場の跡だとか
さらに西に行くと、西宮と呼ばれる祠も。大きな石の下のくぼみに、ひっそりと祀られています。 下から見えていた展望所からの景色は、こんなにきれいだ!立体地図のように見渡せます。 知らない者同士でも、山つながりで楽しげに山の名前を聞き交わしています。盛り上がります!
本殿前に戻って、地元の方が熾してくれた火で、餅を焼いてくれます。焼きたてが美味しい! 猪汁のご馳走も!豪快に盛り付けた椀には野菜たっぷり、猪肉もホロホロの柔らかさ! 心も体も温まり、一面に広がる栃原茶の茶畑の間を通って帰路へ。みなさんありがとう!





前のページへ戻る