2019年1月の
流域案内人行事等の写真館

宮川流域エコミュージアム

このページでは、すでに実施した流域案内人の行事やいろんな企画における写真を掲載しています。



1月19日(土)船久保谷縦走登山(大紀町)
宮川流域案内人 小野 幸年さん
8時、山海の郷紀勢駐車場に集合し、笠木渓谷駐車場まで車で移動しました。風もなく快晴です。 笠木渓谷に来ました。春には桜、秋には紅葉が楽しめます。是非お越しください。 ルートと今日のスケジュールの確認をしています。
準備体操を終えて出発です。 笠木不動滝(雄滝)です。美しい滝です。 標高655mの「冷水山」に到着しました。
標高713mの「兵右エ門ノ頭」に到着しました。
「冷水山」から西へ岸壁を慎重に通過し、南の絶壁の長い坂を登った尾根です。
標高713mの「隠れ山」に到着しました。この谷は深いため判りづらいことから名付けられた近寄らない山だそうです。 いい天気です。風がないので冬でもポカポカです。
標高745mの「船窪山」に到着しました。船久保谷は元は船窪谷だったそうだが、いつしか船久保谷にかわったようです。 標高726mの「笠木山」に到着しました。大展望の名峰です。是非、自分の目で確かめに来てくださいね。 戻ってきました。体操をして体をほぐして解散です。みなさんお疲れ様でした。


1月27日(日)新春初詣ハイキング 切原峠竜ケ峠越えて内宮へ (伊勢市・南伊勢町)
宮川流域案内人:坂本 和敏さん
「~新春初詣ハイキング~ 切原峠竜ヶ峠越えて内宮へ」にお伺いしました。
今年の参加者は、総勢76名で内宮までの17kmの道程を4班に分かれて出発です。
内宮までは、「切原峠」と「竜ヶ峠」の2つの峠を越えていきます。
ここは、切原峠の登山口です。
1月20日には、馬山から浅間山、大広山、切原峠、八大竜王をコースに「トレイルランレースin南伊勢」が開催され、南勢テクテク会も協力したとのことです。
切原峠の頂上は、開けた場所で、ここに茶屋があったいうことです。ここの標高は333mで竜ヶ峠も同じ333mです。 茶屋跡から五ケ所湾が望め、真ん中の小さく三角の山は、切原浅間山、その左側が馬山、手前の右側が龍仙山です。 小休憩も終わり、切原峠を下っていきます。ここで4kmほどでまだまだ道程は長いです。伊勢市矢持町に向かいます。
切原峠を越え、伊勢市矢持町の久昌寺に到着。
ここは、壇ノ浦の戦いから平家の再興を願い、平知盛が落ちのびてきたという伝説があり、久昌寺には平知盛のお墓があります。
久昌寺から竜ヶ峠に出発します。
竜ヶ峠には、伊勢鉱と呼ばれる新鉱物の発見場所、平家が源氏の追っ手を待ち伏せた隠れ岩や茶屋跡などがあります。
竜ヶ峠の頂上に到着、ここでお昼休憩。
日差しがぽかぽかと心地よく、お昼休憩にピッタリの場所でした。
内宮まで後は下るだけ、途中、昨年の台風の影響だろうか倒木がいくつかあります。 伊勢市高麗広の仙人下橋に到着しました。
ここで記念撮影です。
こちらは、1班、2班の方々です。
3班、4班の方々です。
あとは、県道12号線を3kmほど歩けば内宮に到着です。
途中、「とび石」と書かれた標石があるので寄り道をしてみますと、五十鈴川に石が並べられていて、対岸まで歩いて渡ってみました。 小学生も3名ほど参加していましたが、参加者にケガもなく、内宮に到着しました。 宇治橋前では、多くの参拝者で混雑しています。参加者の方も参拝に向かいました。
参加者の皆さんお疲れさまでした。



前のページへ戻る