トップページへ戻る  開催のあらまし  分散会のお知らせ  

全国各地から大勢の方々にご参加いただき、お陰様をもちまして全国大会は大成功のうちに終えることが出来ました。 参加いただきました方々、関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。 どうぞ今後とも「宮川流域エコミュージアム」をご支援方よろしくお願いします!

<主催:宮川流域エコミュージアム全国大会実行委員会、日本エコミュージアム研究会>
<共催:三重県・宮川流域14市町村・宮川ルネッサンス協議会>
<後援:三重県教育委員会、宮川流域14市町村教育委員会、朝日新聞社、伊勢新聞社、産経新聞者津支局、中新聞社、中部経済新聞社、日本経済新聞社津支局、毎日新聞社、読売新聞社、共同通信社、時事通信社、NHK津放送局、中部日本放送、中京テレビ放送、東海テレビ放送、名古屋テレビ、三重テレビ放送、三重エフエム放送、夕刊三重、(株)アイティビー、松阪ケーブルテレビステーション(株)、日本自然保護協会、日本野鳥の会三重県支部、伊勢志摩観光コンベンション機構>
<協力(企画・運営):宮川流域案内人>

 全国大会にご参加くださいました皆様、ありがとうございました!
 参加された方々のみならず、今後、「地域をお訪ねいただく方々のための道しるべ」として、また、「全国各地で展開されているエコミュージアムの取り組み事例」として、日々行われる流域案内人の様々な活動・地域の魅力などを、感動の分散会記録集としてまとめ、Web上で公開します。

<Web版 感動の分散会記録集>
 宮川流域エコミュージアム全国大会・分散会記録集

宮川流域エコミュージアムにようこそ ! !
 宮川流域には、日本一の清流にはぐくまれた自然、歴史、文化、産業、伝統があります。長い年月をかけて築き上げてきた「地域らしさ」の背景や想いを、流域案内人がお伝えします。宮川流域エコミュージアムは、かけがえのない地域の記憶をみつめ未来を創造していく「生きた博物館」です。

<全国大会ホットニュース!>
 宮川流域エコミュージアム全国大会始まる!(2004.09.18) 
 楽しい宮川流域を紹介!(2004.08.10) 
 全国大会の歌決定!(2004.07.10) 
 宮川の流れを歌に!(2004.07.07) 
 参加者の募集始まる!(2004.06.22) 
 魅力の発信に協力を!(2004.06.16) 

日本一の清流・宮川
 宮川は大杉谷をはじめ、上流部は豊かな自然に恵まれています。中流部では川霧にはぐくまれる茶など産業が発達し、発電や農業用水による活用がなされています。そして下流部には、お伊勢参りの伝統が息づき、熊野古道もその面影が色濃く残っています。
 そこで、今大会のために、宮川流域エコミュージアムの中から15のコース(分散会)をご用意し、皆様のお越しをお待ちしております。

◆イメージソングで大会をバックアップ!
 流域案内人が、全国大会のためにイメージソング「故郷(ふるさと)へ」を作ってくれました。
 また、これまで宮川をテーマに作られ流域で歌われてきた「川よ」、伊勢市内を流れる勢田川を歌った「この想い届くから〜for 勢田川〜」とともに、イメージソングで大会に花を添えてくれることとなりました。
 歌を通して、宮川流域案内人たちの想いの一端を感じていただければ幸いです。

 「故郷(ふるさと)へ」 ※イメージソングがMIDIで聴けます。

開催のあらまし  分散会のお知らせ  お申し込み  


お問合せ先

宮川流域エコミュージアム全国大会実行委員会
(〒516−8566三重県伊勢市勢田町622
三重県南勢志摩県民局企画調整部
宮川流域ルネッサンスプロジェクト・
宮川流域ルネッサンス協議会 事務局内)


電話 0596−27−5411
FAX 0596−27−5418
e-mail nmiyare@pref.mie.jp
URL http://www.miyarune.jp/

 

トップページへ戻る