カワセミEYE 宮川流域エコミュージアムのロゴ

                                               2009.1.23  NO.14

菜の花畑の写真

昨年末に展示室の模様替えを行いましたので皆さん是非見に来てください。案内人行事のチラシやパンフレット、山の地図なども自由にお持ちくださいね。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
発行 エコミュージアムセンター
 宮川流域交流館 たいき
〒519-2704 三重県度会郡大紀町阿曽429
      「阿曽湯の里 内」
電話・ファックス:0598-86-3851
E-mail:mrune-t@ma.mctv.ne.jp
http://www.miyarune.jp/eco/taiki/
開館時間:10時〜16時
休館日:年末年始(12月29日〜1月3日)
(12月29日 菜の花畑 明和町斎宮にて)

★案内人行事に参加しました

網掛山ハイキングの写真 網掛山もみじ谷の写真
(11月27日網掛山ハイキング) (11月30日網掛山 もみじ谷)

 11月27日(木)宮川流域案内人小野幸年さん主催の「網掛山ハイキング初級コース」に参加してきました。天気の心配がありましたが、雨も降らず登山日和となりました。小野さんのご案内により、道中では植物の名前や、山のお話などを聞かせていただきました。もみじの木の皮がはげていると思ったら、鹿が食べるのだそうです。皮が大好物なのだとか。色々な興味深いお話を聞きながら、途中もみじ谷東口より少し上った所の紅葉スポットにも案内していただきました。山の外側一面に赤や黄色など紅葉が色とりどりに広がっていていつもと違う視点から見る事も出来、大満足でした。参加者の方からも思わず「わーキレイ!」と声があがっていました。
 もみじ谷では、色づきはじめたもみじを鑑賞しながら小野さん手作りの木のベンチに座って、お弁当を食べ自然を満喫しました。小野さんの心のこもった整備によって、道もとても歩きやすく看板によって見所もわかりやすくなっています。
 皆さんも是非一度、参加してみてください。お待ちしています。


〜案内人行事 主催者の方・参加者の方より〜

網掛山紅葉スポットから見た写真 烏岳に登りますでホオノキを触っている写真 わき水を汲んでいる写真
(11月27日網掛山 紅葉スポットより) (12月7日烏岳に登ります ホオノキ) (12月14日わき水・井戸水めぐり その10)
網掛山ハイキング参加者ともみじ谷の写真 烏岳に登ります 頂上からの写真 宮川流域わき水・井戸水めぐりその10行事写真
(11月27日網掛山ハイキング) (12月7日烏岳に登ります 頂上より) (12月14日わき水・井戸水めぐり その10)

ある老案内人と孫たちとの会話(三)         愚庵(宮川流域案内人) 展示の絵
 孫 (ちーちゃん)中学1年生  (なっちゃん)小学3年生
 孫達の母親(案内人の娘)     おばあちゃん(案内人の妻)
 

「おじいちゃんどうだった?・・・・難しかった?」
「いや、大体のことは分かった。・・お姉ちゃんはどこへ行った?
これ大事なことやから、ちーちゃんにも教えてやろう。・・・・それとも、なっちゃんからお姉ちゃんに教えられるかな?」
「わかんなーい、・・・・多分無理でしょ…。お姉ちゃん探してこようっと」

「連れてきたよ。お姉ちゃんも、お母ちゃんも。それからおばあちゃんも連れてきちゃった。」
「OK。みんな揃ったところで勉強会や。まず、なっちゃんに質問。なっちゃんは秋吉台の博物館やくじら博物館に行った事があるそうやが、どう?昨日の徴古館とどこか似てなかったか?」
「うん、徴古館の方が奇麗な物が沢山あった。」
「あ、そうかそうか・・、じゃあそこにある物の並べ方、難しい言い方をすると陳列とか展示とか言うんやが、それはどう?展示の仕方は秋吉台の博物館やくじら博物館とちがってた?」
「そうだね。ガラスの戸棚の中に並べてあったり、壁に掛けてあるのもあったり、台の上に模型を置いてあったり、大体同じだね。」
「なーんだ。そんなこと当り前じゃない。」
「いや、ちーちゃん笑うたらいかん。何でもないようやけどここではこれが大事なことなんや。展示してあるものは違うけど展示の方法は殆ど同じや。展示した物、つまり資料やな。《これをどのように展示したらお客さんに分かって貰い易いか》ということを真剣に考えると皆同じような展示の仕方になってしまう…。」
「あっそうか! そう云うことか」
「何・・お姉ちゃん、何が解ったの?」
「あのね、博物館も、資料館も、それから徴古館も皆同じだということ。ねえ、おじいちゃん。」
「その通り。・・・よくわかったね。」

おばあちゃん「何でややこしく、資料館とか徴古館という名前をつけたんやろ?」
「それはね、おばあちゃん。そんな名前を付けた方が何を展示してあるかよく分かるし、第一格好がいいじゃない?」
「ちーちゃんの言う通り。なっちゃんも分かった?」
「うん分かったよ。」
「家の姉妹は天才の集まりじゃ・・。」
「アハハ・・・・。」
「アハハ・・・・。」
                                                             (次回に続く)

☆ 宮川流域交流館たいきでの出来事 ☆

11月 12月
3日 阿曽に車を置いて、紀伊長島までマラソンをして来られたという男性お昼過ぎに来館。伊勢から順番に走っているそうです。スゴイ! 2日 網掛山に今年も本当に沢山の方が登りに来られました。個人で、又団体でと、とても賑いました。今年の紅葉の見頃は、11/27〜12/2日頃まででした。
11日 大紀町の方が町内で自ら撮影した野生のイタチ科の“テン”や“カジカガエル”の貴重な写真を寄贈してくださいました。 5日 本日も団体の方が網掛山に登られました。途中から雨・風・雷が激しく引き返して来られ、その後昼食休憩の為沢山の方が来館してくださいました。
14日 前日から開催の「全国農業担い手サミットinみえ」に全国より参加の約20名の方が阿曽湯の里の見学に訪れ、当館も賑いました。 13日 名張より男性来館。滝がお好きで、色々巡られているそうです。エコミュージアムの事を初めて聞かれたそうで、勉強の為と冊子をお持ちくださいました。
17日 大紀町花の会の村田喜代子さんより、パンジーの花苗をたくさんいただきました。玄関前の花壇に植えました。嬉しい限りです。 21日 小学生と保育園児のかわいい姉妹が展示室に設置のカワセミ募金箱に募金をしてくれました。川をキレイにする為に大切に使わせていただきます。
15日

30日
11月に入り網掛山の地図を取りに来られる方が徐々に増え、紅葉の見ごろに関するお問い合わせも多くなってきました。 26日 年末大掃除と展示室の模様替えを行いました。展示室の配置や展示写真などが変わりましたので、皆さん是非見に来てください。
パンジーの写真 カワセミ募金の写真


                                       戻る