・・・ 河辺の生き物 ・・・

 
モリアオガエル
アマガエルに似ていますが、はるかに大きく、雄は6cm内外、雌は8cm内外。5〜6月に木の上に泡に包まれた卵を産み付けます。宮川村桧原の池ノ谷にある谷池では、毎年たくさん卵が産み付けられます。
アユ
清流にすむ川魚の代表格。塩焼きにすると美味しい、香りの良い魚です。海で大きくなり、川を上ってきます。宮川本流ではダムで川を上ることができないため、稚魚を放流しており、6月頃に釣りや漁が解禁されます。
オオダイガハラサンショウウオ

大台ヶ原で最初に発見された背面全体が黒色の大型サンショウウオで、大きさは13〜18cmほど。県の天然記念物に指定されています。
アマゴ
「渓流の女王」と呼ばれる川魚で山間の谷川の水のきれいなところにすんでいます。美しい赤い斑紋が特徴です。
ハクセンシオマネキ
雄は片方のハサミが大きく、これを動かす様子が潮を招いているように見えるということからその名があります。宮川河口の中州で多く見られ、これは、分布の北限に近い群生地です。

ネコギギ
ナマズに似た魚で、つかまえるとギギと鳴くのでこの名があります。清流にしかすまない魚で、伊勢湾にそそぐ河川に生息し、宮川の上流で見られます。国の天然記念物に指定されています。


カワトンボ
4〜7月ごろに川のそばを飛ぶ、羽根の大きなトンボ。体長約5.5cmほど。羽根の色などで多くのグループに分かれています。



  
「野山の生き物」はこちらへ



「宮川とは?」へ戻る ホームへ