宮川プロジェクト!

1 水 ~ 健全な水環境の構築 ~


活動NO.101
活動名 五十鈴川の自然環境を守る
団体名 五十鈴川をきれいにする会 代表者 井手口 克利
(宮川流域案内人)
活動時期 通年 活動場所 五十鈴川中流
背景・動機 五十鈴川周辺にゴミが多く景観を損なっているので、その五十鈴川をきれいにし、自然環境を取り戻したい。
対象 五十鈴川流域の人々
意図 川周辺の清掃活動を行い、自然を大切にすることについて、地域の人々に普及啓発を行う。
内容 五十鈴川周辺の清掃  ホタル水路の補強
水生生物の観察会
水質チェック
平成29年度
達成目標
上記を全て行う。
問い合わせ 五十鈴川をきれいにする会/井手口 克利(宮川流域案内人)
〒516-8558 伊勢市宇治中之切町52 (有)伊勢福 内
電話:0596-23-8827 FAX:0596-23-8814
メール:k_ideguchi@isefuku.com
ホームページ:http://isuzugawa.ongaeshi.biz/



活動NO.102
活動名 河川海域環境の浄化・美化に関する活動
団体名 伊勢市環境会議 代表者 会長 髙橋 克彦
活動時期 通年 活動場所 伊勢市内の河川等
背景・動機 河川海域環境の浄化・美化を図る。
目的 対象 主に伊勢市民
意図 生活排水対策、環境美化などについての意識高揚を図る。
内容 勢田川七夕大そうじの開催
水生生物による水質調査の実施
各種啓発活動
平成29年度
達成目標
多くの方に活動へ参加していただき、河川海域環境の改善意識を持っていただける方を増やす。
問い合わせ 伊勢市環境会議(伊勢市役所環境課内)
〒516-8501 伊勢市御薗町長屋1221番地
電話:0596-21-5541 FAX:0596-21-5642
メール:kankyo@city.ise.mie.jp
ホームページ:http://www.city.ise.mie.jp/8705.htm
     
勢田川七夕大そうじ       水生生物による水質調査

メッセージ 河川や海域の浄化・美化に取り組んでいます。みなさんのご協力をお待ちしております。
活動の告知 7月2日(日) 第22回勢田川七夕大そうじ



活動NO.103
活動名 がんばれ汁谷川の生き物たち
団体名 小俣川の会 代表者 立花 由美子
(宮川流域案内人)
活動時期 10年以上前から 活動場所 汁谷川
背景・動機 川の工事や排水によって次第に生き物にとって住みにくい環境になった。
目的 対象 タナゴ類及びその産卵母貝
意図 貝がないとタナゴは絶滅
内容 春秋2回の定点調査
平成29年度
達成目標
春秋の観察、調査
問い合わせ 小俣川の会/立花 由美子(宮川流域案内人)
〒519-0503 伊勢市小俣町元町1752
電話:0596-23-1978
     
今後の可能性
協働したい相手
小学校
メッセージ 川が好きな人 ぜひ御連絡を! 子どもさんもOK



活動NO.104
活動名 市民自らで考え、行動して、勢田川をきれいにしていこう!
団体名 勢田川とおりゃん瀬を育てる会 代表者 宇野 弘史郎
(宮川流域案内人)
活動時期 平成16年から随時 活動場所 主に勢田川流域
背景・動機 市民と行政で構成する「勢田川きれいにプロジェクト」のなかで河川浄化意識を高める“勢田川とおりゃん瀬”が竣工(平成16年)
目的 対象 勢田川流域の人々を中心に広く伊勢市民
意図 河川浄化について関心をもってもらう
内容 ①“とおりゃん瀬”の浄化材ユニットに入れる竹炭の更新、瀬の清掃
②市民・行政とともに環境保全活動の立案や行事に参加
以上を継続する。
平成29年度
達成目標
上記内容の遂行
問い合わせ 勢田川とおりゃん瀬を育てる会/宇野 弘史郎(宮川流域案内人)

竹炭の窯出し(鼓岳清流窯)

竹炭の更新、瀬の清掃(勢田川とおりゃん瀬)
今後の可能性
協働したい相手
団体名:鼓岳清流窯
竹伐りから竹炭焼きまでの作業および協力
メッセージ “かつてのきれいな勢田川をとりもどそう”活動に参加してください。



活動NO.105
活動名 宮川流域下水道(宮川処理区)宮川浄化センター
団体名 宮川浄化センター 代表者 宮川浄化センター所長
活動時期 H18年6月1日供用開始 活動場所 伊勢市大湊町1126番地
背景・動機 伊勢市、玉城町及び明和町の市街化に伴う生活排水及び工場・事業場排水の増加により、宮川水系及び伊勢湾における水質汚濁が深刻となっています。
目的 対象 伊勢市、玉城町及び明和町を処理対象区域としています。
意図 処理対象区域からの排水を宮川浄化センターに集水し、高度処理による排水処理によって、宮川水系及び伊勢湾の水質浄化に貢献します。
内容 処理能力:最大75,600㎥/日(全体計画)
       最大26,800㎥/日(H27年度末)
処理方法:嫌気・無酸素・好気法+凝集剤添加+急速濾過法
平成29年度
達成目標
水環境の健全化に向け、常に良好な排水処理を行います。
問い合わせ 宮川浄化センター
〒516-0001 伊勢市大湊町1126番地
電話:0596-36-3841 FAX:0596-36-3843
ホームページ:http://www.mie-kousha.or.jp/

宮川浄化センター(平成18年10月16日撮影)

 

 
雨水調整池を利用した多目的広場
メッセージ 施設見学を随時受け付けております。お気軽にお申し込みください。また、ご自由に利用いただける多目的広場も併設しておりますので、是非お越しください。
三重県下水道公社ホームページ:http://www.mie-kousha.or.jp/



活動NO.106
活動名 カヌーツーリング
団体名 秘密基地研究会 代表者 幸田 高由
(宮川流域案内人)
活動時期 5月~10月 活動場所 宮川河口の三角州
背景・動機 伊勢市は宮川の影響を受けて発展してきた。海運の足跡は先人達と同じ目線でしか感じとることができない。
目的 対象 10歳以上で水に慣れている参加者
意図 清流日本一の宮川を体感し、その歴史背景を感じてもらうこと
内容 水面に一番近い位置から手軽に清流日本一の宮川を体感しよう
平成29年度
達成目標
好評なので最低一回は開催したい
問い合わせ 秘密基地研究会/幸田 高由(宮川流域案内人)
〒516-0067 伊勢市中島2-22-19
メール:gyps@nifty.com
フェイスブック:キチ研
   
今後の可能性
協働したい相手
カヌーの貸し出しを協力してくれる団体を探しています
メッセージ 一人でも運べて水面に一番近い位置で手軽に清流宮川を体感しよう



活動NO.107
活動名 ふれあい川遊び
団体名 外城田公民館 代表者 中森 通弘
活動時期 7月頃(平成12年より継続) 活動場所 宮川中流(相鹿瀬えびす川原)
背景・動機 地元を流れる宮川の清流で、おとなもこどももみんないっしょに遊ぼう!
目的 対象 主に多気町外城田地区の小学生と保護者
意図 自然と親しみながら環境を考えていく。
内容 鮎のつかみ捕り、宝探し、スイカ割り、いかだ乗り、水遊び
また、その場で鮎の塩焼きを試食し、宮川を満喫する。
平成29年度
達成目標
宮川の自然を体験し、豊かな緑と自然を守っていく心を育む。
問い合わせ 外城田公民館/館長 中森 通弘
(事務局)多気町教育委員会 教育課
〒519-2181 多気郡多気町相可1587-1
電話:0598-38-1122  FAX:0598-38-1130



活動NO.108
活動名 宮川流域子ども川サミット
団体名 宮川流域ルネッサンス協議会 代表者 会長 鈴木 健一
活動時期 小学校夏休み期間 活動場所 大台町(予定)
背景・動機 流域の子どもたちに宮川についてもっと知ってもらいたい。
目的 対象 流域の小学校の児童(5年生・6年生)
意図 流域の自然・歴史・文化に触れて地域の大切さについて理解してもらうと同時に、上・中・下流の子どもたちの交流を図る。
内容 2種の水辺に触れることにより、川の様々な顔や役割を参加者に知ってもらう。人にとって水辺がいかに大切かを大台町の特徴を活かして参加者に学んでもらう。
平成29年度
達成目標
参加者が交流を深めながら川や水の大切さを確認すること。
問い合わせ 宮川流域ルネッサンス協議会
〒516-8566 伊勢市勢田町628-2
電話:0596-27-5411 FAX:0596-27-5418
メール:nmiyare@pref.mie.jp
ホームページ:http://www.miyarune.jp/
   
今後の可能性
協働したい相手
団体名:宮川流域案内人の会、その他住民団体など
地域の特色を活かし、現場で活動されている団体や企業、個人と協働していきたい。
メッセージ 宮川について楽しみながら学べる機会にしたいと思います。
みなさんのご意見・ご協力・ご参加をお願いいたします。



活動NO.109
活動名 日本一美しい川を守ろう
団体名 大台町立宮川小学校 代表者 校長 栗谷 徹
活動時期 平成28年4月~平成29年3月 活動場所 宮川小学校、宮川の本流
背景・動機 日本一美しい宮川を未来へとつなげていきたい。
目的 対象 宮川小学校児童・保護者・地域の住民
意図 宮川の水をきれいなまま伊勢湾に届けたい。
内容 ○「宮川の水をきれいなまま伊勢湾に届けたい」を目標に活動する。
・川の学習…宮川や宮川の支流に行って川に住む生き物や石などを観察し、宮川についての学習を深める。
・園芸委員会…全校児童が一人一鉢の花を咲かせている。
・環境委員会…EM菌を校内清掃に使用している。アルミ缶の回収をしている。
・給食委員会…不要な布を布巾として活用し、食器の汚れをぬぐい取ることによって、洗剤の使用を減らしている。
・PTA環境部…リサイクル資源回収をしている。アルミ缶を回収している。
・全校ゴミ拾い…人々がよく利用する川原のゴミ拾いを行う。
平成29年度
達成目標
・一人ひとりの「川をきれいにしよう」という意識を高める。
・「水のむだ遣いをやめる」「ゴミを減らしていく」の気持ちを持つ。
問い合わせ 宮川小学校/栗谷 徹
〒519-2514 多気郡大台町茂原543-3
電話:0598-76-8800 FAX:0598-76-8801
メール:miyasyo@ma.mctv.ne.jp
メッセージ 学校での活動や活動内容の発信により、賛同者を増やしていき、水を守る取り組みを拡げていきたい。そして、「日本一美しい宮川」を未来へとつなげていきたい。



活動NO.110
活動名 きれいな一之瀬川を守ろう!
団体名 南なかむら未来(あした)築き隊 代表者 山下 晃司
活動時期 平成29年4月~平成29年9月 活動場所 南中村地区内一之瀬川流域
背景・動機 活力が失われてきた地域を心配する住民の思いの実現。その中に地域自慢のきれいな川が汚れてきている声があり、それを自分たちが受け皿となって対策を講じていきたい。
目的 対象 一之瀬川流域を生活圏としている方々、地区民、川遊びなどで利用している方々
意図 清掃活動とともに、住民交流、「里川」としての環境維持。
内容 7月の川岸、川床、川周辺の清掃活動と夏場の川あそび来訪者が安全に過ごせる環境づくりと、その他生物多様性の調査や学習会
平成29年度
達成目標
参加者、協力者の拡大と変更や交流度向上
問い合わせ 南なかむら未来(あした)築き隊/御村 一真
度会町
電話:090-5113-4279 FAX:0596-65-0620
   

   
今後の可能性
協働したい相手
団体名:一之瀬川流域他地区
一之瀬川流域の全地区が協働して川の清掃活動を実施していきたい。
メッセージ 地域住民が自慢できる環境と地域資源としての活用の可能性を次世代へつないでいきたい。



活動NO.111
活動名 宮川水質チェック
団体名 宮川流域ルネッサンス協議会 代表者 会長 鈴木 健一
活動時期 通年 活動場所 流域(本流・支流)
背景・動機 日本一の清流を目指して宮川を守り育てる。
目的 対象 流域内外(調査員はボランティアスタッフ)
意図 調査及びその結果を介して水環境の大切さを伝える。
内容 流域のボランティアスタッフによる本流・支流の23ヶ所での水質調査を年10回(5月~翌年2月)実施し、結果をホームページで公表する。
平成29年度
達成目標
調査結果をデータが欠けることなく公表できるようにしたい。
問い合わせ 宮川流域ルネッサンス協議会
〒516-8566 伊勢市勢田町628-2
電話:0596-27-5411 FAX:0596-27-5418
メール:nmiyare@pref.mie.jp
ホームページ:http://www.miyarune.jp/
   
今後の可能性
協働したい相手
団体名:流域の個人・団体、企業など
宮川に関心のある、すべての方
メッセージ 水質を確認することは川の状況を推し測る大切な作業です。
この活動はボランティアスタッフのみなさんのご協力で成り立っています。感謝!
これからもたくさんの方に宮川の保全に関わっていただきたいと考えています。



活動NO.112
活動名 生物多様性保全活動
団体名 横浜ゴム(株)三重工場 代表者 森本 剛央
活動時期 通年 活動場所 桧尻川・大湊海岸・工場北側調整池
背景・動機 日本一の清流、宮川水系に依存して事業を営んでいます。
生物多様性の保全として、伊勢湾をつなぐ「宮川流域」のかけがえのない自然の保護・再生に取り組みます。
目的 対象 地域住民の方々や工場従業員
意図 「宮川流域」のかけがえのない自然の保護・保全・再生
内容 ・桧尻川…水質及び生態系調査継続とゴミの無い川作り
・大湊海岸…出前教室継続と海浜植生調査及びウミガメの産卵状況の確認
・ビオトープ…水質及び生態系調査と地域住民に紹介される新たなビオトープを造成継続
平成29年度
達成目標
1.宮川流域の環境指標種のデータ作成
2.桧尻川の水質データ作成
3.大湊海岸の砂浜の保全
問い合わせ 横浜ゴム(株)三重工場 大見 勝春
〒516-8530 伊勢市御薗町高向1038番地
電話:0596-28-3154 FAX:0596-23-0962
メール:katsuharu.omi@y-yokohama.com
ホームページ:http://www.y-yokohama.com/csr/



活動NO.113
活動名 環境保全美化活動
団体名 NPO法人Earthアース530 代表者 理事長 渡邊 典浩
活動時期 通年 活動場所 大内山川 錦、尾鷲漁港
背景・動機 身近にある豊かな自然を守り育み次世代につないでいく
目的 対象 地域住民、小学生
意図 豊かな自然を守っていくため、地域住民の環境保全に対する意識の向上を図る。子どもたちに川に生息する魚を知ってもらい川遊びに興味を持ってもらいたい。
内容 河川・漁港の清掃活動、アマゴつかみ、魚族の保護
平成29年度
達成目標
多くの方に参加を呼びかけ、日本一ゴミのない川を目指す。
問い合わせ NPO法人Earthアース530/理事長 渡邊 典浩
〒519-2802 大紀町崎1960番地
電話:0598-75-2000 FAX:0598-75-2001
メール:esaichi8@ma.mctv.ne.jp
ホームページ:http://earth530.org/

アマゴつかみの様子


河川清掃活動の様子
今後の可能性
協働したい相手
団体名:大内山川漁業協同組合
河川の清掃活動、生態系の保全活動、あまごつかみ大会
メッセージ 貴重な財産である自然豊かな大内山川を次世代につなげていくため、日本一ゴミのないきれいな川を目指して頑張りましょう!!





宮川プロジェクト2017へ戻る