宮川プロジェクト!

3 地域 ~ 魅力ある流域づくり ~  1ページ/3


活動NO.301
活動名 三瀬谷発電所 親子見学会
団体名 中部電力(株)三重水力センター 代表者 所長 正木 宏
活動場所 大台町菅合
背景・動機 再生可能エネルギーである水力発電の重要性について、ご理解いただきたい。
目的 対象 小学校5、6年生とその保護者(小学生1名と保護者1名の2名を1組とします。)
意図 水力発電の仕組みとエネルギーの大切さについてご理解をいただく。
内容 夏休みを利用した親子見学会を下記のとおり募集します。
1 開催日:平成30年8月7日(火)
 ①午前の部:10:00~11:30
 ②午後の部:13:30~15:00
2 募集内容:先着20組
 ①午前の部:10組
 ②午後の部:10組
3 申込期間:平成30年6月1日(金)~7月13日(金)
4 申込方法:三重水力センター業務課まで電話で申し込みください。
  電話番号:0598-82-1180(氏名・住所・連絡先・お子さんの学年もお知らせください)
  受付期間:平日9時~12時・13時~16時
 ※見学中のケガなどについては、自己責任のもとご参加ください。
問い合わせ 中部電力(株)三重水力センター
〒519-2412 多気郡大台町菅合953-1
電話:0598-82-1180 FAX:0598-70-6910

メッセージ 夏休みの研究課題に活用できるよう見学会を計画しました。ご参加!お待ちしてま~す!
活動の告知 平成30年8月7日(火) 三瀬谷発電所 親子見学会


活動NO.302
活動名 花あふれる伊勢のまちづくり
団体名 朝熊山麓に花を咲かす会 代表者 岩﨑 理
(宮川流域案内人)
活動時期 年間を通して2,4土曜日と随時 活動場所 県営サンアリーナ花の広場
背景・動機 少子高齢化で、ますます寂れていく伊勢地域を、草花や花ももの花木で活力あるまちづくりをする。
目的 対象 すべての県民
意図 四季の草花を咲かせ、花木の植樹をし、生きたあかしと、活力溢れるまちづくりをする。
内容 1.単年度は、草花作りを通して心の豊かさと、活力あるまちづくりをすること。
2.長期的には花もも等花木の植樹を行い、新しい観光地として後世に残る活動をする。
3.生きたあかしと、充実した活動をすること。
平成30年度
達成目標
1.春、秋の花の種まき、花を育て咲かすこと。
2.花ももの植樹を200本以上実施する。(目標3,000本 現在2,600本)
3.植樹した花もも、レンギョウ、雪ヤナギ、花ももなどの樹木の剪定、肥料散布などの手入れ。
問い合わせ 朝熊山麓に花を咲かす会/岩﨑 理(宮川流域案内人)
〒516-0062 伊勢市浦口2-8-18
電話・FAX:0596-24-1790
  
春の花ももの植樹の説明です        花ももの植樹の様子です 
  
秋の種蒔のレイアウトの説明です      種蒔とふくどの様子です   
今後の可能性
協働したい相手
花に興味がある方はどなたでも。一人でも多くの人の参加をお待ちしています。
メッセージ 花を育て、伊勢を元気にしませんか、そして花ももを植樹し自分の生きた証しを残すことで、新しい伊勢の観光名所を作りませんか。



活動NO.303
活動名 日本の伝統文化・生活文化の体験学習
団体名 公益財団法人 伊勢文化会議所 代表者 理事長 濱田 益嗣
活動時期 平成14年7月~ 活動場所 伊勢市宇治浦田1丁目5番3号
背景・動機 昨今、著しく日本の伝統文化や暮らしの良さが失われつつあることに対し、「何とかしたい」という思いに賛同した地元の有志により構想が練られ、活動を開始。
目的 対象 地元はもちろん、県内・県外問わず日本文化に親しみたい方
意図 古き良き日本の暮らし、伝統文化の啓蒙
内容 日本の伝統、暮らし文化に関わる講座・体験学習など
平成30年度
達成目標
日本の文化を大切にしようと言い続けて16年になろうとしている。この間、和食や和紙、山・鉾・屋台など日本の文化は世界遺産として認定され続けているが、国民がその大切さを実感しているかは疑問を感じることが多い。私達は、自国の文化、地元伊勢の文化の素晴らしさを自らも勉強しながら深く、静かに発信していきたい。
問い合わせ 公益財団法人 伊勢文化会議所 岡田 教代
〒516-0062 伊勢市浦口1丁目5番3号
電話:0596-20-8251 FAX:0596-20-8253
メール:info@isuzujuku.org
ホームページ:http://www.isuzujuku.org/
  
企画講座                 野外講座                   お茶、お花の体験
メッセージ ぜひ興味を持って活動を見ていただきたいし、格式が高いなど思わず気軽にお訪ねください。また、HP(http://www.isuzujuku.org/)やフェイスブックもその時々更新していますので、のぞいてみてください。



活動NO.304
活動名 伊勢をナベヅルの越冬候補地に
団体名 伊勢豊浜ナベヅルを守る会 代表者 野嶋 峰男
活動時期 通年 活動場所 宮川下流域一帯
背景・動機 冬の渡り鳥ナベヅルの越冬地分散を図る。
目的 対象 宮川流域の人々
意図 農林漁業と自然保護・野生動物保護との共生
内容 伊勢西豊浜地区を中心に、通年、田畑における餌場の保全、環境保全
平成30年度
達成目標
宮川下流域の環境観察と野鳥観察を継続します
問い合わせ 伊勢豊浜ナベヅルを守る会 上田ひろみ(広報担当)
伊勢市
電話:090-5005-4133
メール:wangoodmimi@docomo.ne.jp
ホームページ:http://turu-ise-toyohama.cocolog-nifty.com/blog/

メッセージ ナベヅルの食べ物は、稲刈り後の落ち穂や二番穂、畦のカエルや昆虫、川の浅瀬に住むカニなどです。豊かな自然とそこで営まれる農林漁業にナベヅルの暮らしは大きく関わっています。ツルが来るふるさとをみなさんで守っていきましょう。



活動NO.305
活動名 銭湯文化を通じて勢田川、清浄坊橋、清川をよみがえらせる
団体名 伊勢与市翁顕彰実行委員会 代表者 酒徳 覚三
(宮川流域案内人)
活動時期 夏至、冬至 活動場所 勢田川、清川、汐湯おかげ風呂舘、旭湯
背景・動機 勢田川物語、清川物語を現代によみがえらせる。
目的 対象 伊勢市民、宮川流域の人々
意図 銭湯文化を知ることで社会のルールを再認識、環境の浄化、心の浄化を図る。
内容 夏至と冬至に行事を開催。
夏至の夫婦岩参りなど
平成30年度
達成目標
銭湯文化原点回帰

メッセージ 体験型のイベントの実施



活動NO.306
活動名 船参宮の歴史をよみがえらせる川みなと
団体名 NPO法人 神社みなとまち再生グループ 代表者 中村 清
(宮川流域案内人)
活動時期 通年 活動場所 海の駅 神社(かみやしろ)
背景・動機 かつては船参宮で栄えた港町。このことを誇りにまちづくり活動を行ってきた。
目的 対象 勢田川流域の人々他
意図 より多くの人がかかわって元気をつくりたい。
内容 ・「木造船みずき」の運航:本年度も子供及び親に船参宮の歴史を勉強して貰う。
・更に船参宮客を増やす為、津港まで来ているセントレアからの乗客を乗り換えで伊勢まで誘致することを伊勢市と船会社が計画して頂ければ現在ある施設利用で公設民営の海上航路が実現することを要望したい。
平成30年度
達成目標
船参宮の増加と隣接不法係留船の正式管理の継続
問い合わせ NPO法人 神社みなとまち再生グループ/中村 清
〒516-0004 伊勢市神社港68
電話・FAX:0596-36-3755
メール:info@kamiyasirominatomati.com
ホームページ:
http://www.kamiyasirominatomati.com/

今後の可能性
協働したい相手
団体名:津エアポートライン
津⇔伊勢航路の勉強会をしたい。
メッセージ 行政と民間の間に立ち、まちづくり活動を続けます。



活動NO.307
活動名 失われた古代文化を紹介する
活動者名 北村 武久(宮川流域案内人)
活動時期 毎年12月第1日曜、2月第2土曜、3月第1日曜日 活動場所 高向大社
祷屋番の自宅
背景・動機 伊勢度会地方には弥生時代の習慣が残っている
目的 対象 世界中、特に中国と朝鮮の人々
意図 長江流域に栄えた古代稲作文明をたどる。
→日本列島へ水稲の来た道を検証する。
内容 高向大社の御頭神事とオワケ祭を紹介する。
問い合わせ 北村 武久
〒516-0805 伊勢市御薗町高向2617
電話:0596-22-4963
メール:takecham@amigo.ne.jp
   
今後の可能性
協働したい相手
お祭りの好きな人、お話し合いをしましょう。また、伊勢は神話の世界でもあります。この話を次の世代にも伝えていきましょう。
メッセージ 伊勢度会地方には、日本の各地ではすでに消滅してしまった大昔の文化が残っています。貴重な文化遺産です。大切にしましょう。



活動NO.308
活動名 峠、古道を守る
団体名 竜ヶ峠を守る会 代表者 中瀬 誠一
(宮川流域案内人)
活動時期 秋10月~11月 活動場所 竜ヶ道、竜ヶ峠
背景・動機 もう一つの参宮古道を知ってほしいから。神路山、天照山を知ってほしい。
目的 対象 自然、歴史、古道が好きな人たち
意図 昔の峠越え、新緑・紅葉、歴史を知ってほしい
内容 神路山、天照山、神の道をつくり守っていきたい。
平成30年度
達成目標
毎年1人でも多くの参加者に知ってもらう
   
今後の可能性
協働したい相手
団体名:伊勢志摩国立公園協会、南勢テクテク会
古道は昔の人の道路。昔を偲び健康づくりをしたい。
メッセージ 天照山、神の道をつくりましょう。



活動NO.309
活動名 横輪町・矢持町へようこそ
活動者名 中村 菜穂子(宮川流域案内人)
活動時期 通年 活動場所 伊勢市横輪町・矢持町
背景・動機 伊勢市横輪町・矢持町は、一宇郷の里で平家ゆかりの自然豊かな所。横輪桜や自然の豊かさを知ってもらいたい。
目的 対象 どなたでも
意図 多くの人に横輪町矢持町を知ってもらう。
内容 横輪桜、一宇郷のハイキング、ホタル観察、川遊びなど
平成30年度
達成目標
気軽に参加できるようなイベントを企画する。
問い合わせ 中村 菜穂子(宮川流域案内人)
〒516-1106 伊勢市横輪町220-1
電話・FAX:0596-39-0785
   
メッセージ 横輪町、矢持町に遊びに来てください。



活動NO.310
活動名 二見町へいらっしゃい!
活動者名 星﨑 百合子(宮川流域案内人)
活動時期 春・秋 活動場所 伊勢市二見町内
背景・動機 神宮と歴史的にも深いかかわりがあり、知っているようで知らない町内を紹介したい。
目的 対象 60歳以上、定年退職された方、平日休みが取れる方
意図 土・日曜日は計画しません。
内容 自分自身が無理せずゆっくり案内できて、少数で和気あいあいと楽しい行事の計画。
平成30年度
達成目標
2回以上実施する。
問い合わせ 星﨑 百合子(宮川流域案内人)
伊勢市
電話・FAX:0596-42-1796
   
メッセージ 二見町は歴史的にも、とてもおもしろい所だと思います。私の知らない事(場所)もたくさんあると思います。教えていただければうれしいです。



活動NO.311
活動名 城田神社 御頭神事 獅子舞
活動者名 中川 雅彦(宮川流域案内人)
活動時期 2月 活動場所 伊勢市上地町 城田神社境内
背景・動機 伊勢市上地町の神事である伝統行事の獅子舞を広く知っていただきたい。
目的 対象 関心のある人
意図 上地の伝統行である獅子舞は、素朴で力強い舞をします。ぜひ、この神事を観覧していただきたい。
内容 解説を交え、素朴で力強い獅子舞を見ながら、“だいこ炊き”(みそ味の炊いた大根)を食し、伝統文化に触れていただいて、今年一年の無病息災を祈願します。
平成30年度
達成目標
多くの方に参加していただく。
問い合わせ 中川 雅彦(宮川流域案内人)
伊勢市上地町
電話:080-5294-8486
   
メッセージ ご期待に沿えるよう実施していきたいと思います。



活動NO.312
活動名 八朔俳句大会
団体名 水恋鳥 代表者 坂本 剛子
(宮川流域案内人)
活動時期 8月1日 活動場所 伊勢市
背景・動機 伊勢神宮外宮周辺の魅力を伝えたい。
目的 対象 すべての人
意図 自然との存問である俳句を詠み、豊かな環境に気づいてもらう。
内容 外宮周辺を吟行し、俳句2句を投句。選者2名による入選作を表彰する。賞品は流域ゆかりの協賛により贈呈する。八朔参宮をする。「外宮さんゆかたで千人お参り」を楽しむ。
平成30年度
達成目標
より多くの人に俳句を詠んでもらう。
問い合わせ 水恋鳥/坂本 剛子(宮川流域案内人)
伊勢市
  
メッセージ 俳祖 荒木田守武を輩出した伊勢を誇りに、日本の文化文芸に寄与し、俳句に親しむことで、日常にうるおいをもてますように。



活動NO.313
活動名 横輪町活性化委員会
団体名 横輪町活性化委員会 代表者 上田 和夫
活動時期 通年 活動場所 横輪町
背景・動機 横輪町活性化
目的 対象 全地域
意図 横輪町の周知
内容 4月  横輪桜まつり
6月  ホタルまつり
7、8月川遊び
11月 横輪芋収穫祭
平成30年度
達成目標
より多くの人に横輪町を知ってもらう
問い合わせ 郷の恵・風輪
〒519-1106 伊勢市横輪町586番地
電話・FAX:0596-39-1741
メール:fuu-rin@amigo2.ne.jp
ホームページ:http://heart.pro.tok2.com/yokowa



活動NO.314
活動名 能狂言の継承
団体名 一色町能楽保存会 代表者 濱口 富三
活動時期 9月29日と3月17日 活動場所 伊勢神宮及び一色町内
背景・動機 約500年の伝統の継承
目的 対象 三重県及び一部県外の愛好者
意図 伝統継承を通じた地域文化振興とまちづくり
内容 毎月2回の練習と後継者育成のため、子ども教室の開催と地元保育園年長組に月2回謡曲を指導
平成30年度
達成目標
9月29日の第21回伊勢の伝統の能楽まつりと3月17日の一色神社例祭奉納能を盛況裡に実施すること。
問い合わせ 一色町能楽保存会/濱口 富三
〒516-0011 伊勢市一色町1645
電話・FAX:0596-52-6665
<連絡先>石原 隆明
〒516-0011 伊勢市一色町1299-10
電話:0596-27-000
  
一色の翁舞               能、融のシテ              狂言、素袍落
今後の可能性
協働したい相手
団体名:通町能楽保存会、馬瀬の狂言保存会
一色を加えた3者で平成の伊勢三座を確立する。
メッセージ 今、いせシティプロモーションが展開されていますが、伊勢は神宮(観光)と文化のまちですので、これをメインテーマにすべき



活動NO.315
活動名 外宮さんゆかたで千人お参り
団体名 外宮にぎわい会議 代表者 坂田 巧
活動時期 8月1日 活動場所 伊勢神宮外宮周辺
背景・動機 伊勢でかつて8月1日には、五穀豊穣や無病息災を祈った「八朔参宮」という習わしがあった。「外宮さんゆかたで千人お参り」という新しい祝祭を通じて古き良き風習を伝えていく。
目的 対象 一般
意図 外宮周辺に、にぎわいをもたらす。
日本の文化・伝統を守り伝えていく。
内容 外宮を一緒にお参りし、夏の夜の伊勢を楽しむ。
平成30年度
達成目標
お参りをしていただいた人に渡す記念品の御塩献進「御塩道を歩こう」の成功
外宮さん朔日参り、スタンプ帳の頒布と共に朔日参りを促進する
お参りの参加者数増
神にぎわい広場の充実
他団体、地域の人とのコラボレーション
問い合わせ 外宮にぎわい会議/坂田 巧
伊勢市
電話:090-3257-7674
   



活動NO.316
活動名 よみがえらせよう熊野古道伊勢路
団体名 熊野古道女鬼峠保存会 代表者 森田 篤
活動時期 通年 活動場所 熊野古道女鬼峠周辺
背景・動機 熊野古道「伊勢路」は伊勢と熊野を結ぶ歴史街道である。伊勢と熊野、そしてその周辺の文化を残してこそ価値が生まれる。
目的 対象 歴史、文化に興味のある人
意図 古道の整備やウォーキングの活動を通じて地元の文化に親しむ
内容 古道周辺の草刈りや清掃活動
ウォーキングなどの行事、案内活動など
平成30年度
達成目標
伊勢~ツヅラト峠までの活動グループと熊野古道伊勢路について語り合う場を持ちたい。
問い合わせ 熊野古道女鬼峠保存会/奥村 清司
〒519-2174 多気郡多気町五桂489-1
電話:0598-39-3147
メール:k.okumura56914@hotmail.co.jp
   

   
今後の可能性
協働したい相手
他の街道、古道活用グループの方、一緒にどうですか。
メッセージ 一人ひとりが、できるときに、できることをモットーにマイペースでがんばっています。仲間に入りたい方、歓迎します。



活動NO.317
活動名 多面的機能維持向上活動
団体名 多気町勢和地域資源保全・活用協議会 代表者 浦林 敏生
活動時期 年中 活動場所 多気町勢和地域
背景・動機 集落機能の低下、農業・農村の荒廃など
目的 対象 多気町勢和地域の住民・多様な主体
意図 農村協働力の向上と活用による地域づくり
内容 基礎部分…農家・非農家による水路等の泥上げ、農道等の草刈り
施設の長寿命化活動…農業用施設の長寿命化(サポート隊支援活)
農村環境向上活動…あじさい・花いっぱい運動・農村のビオトープづくり・休耕田を活用した景観作物・家庭の生ゴミ堆肥化
平成30年度
達成目標
立梅用水型小水力発電機「彦電」の運用開始
問い合わせ 多気町勢和地域資源保全・活用協議会/高橋 幸照
〒516-2211 多気郡多気町丹生1620-3
電話:0598-49-7077 FAX:0598-49-4828
メール:t-info@tachibai.jp
ホームページ:http://www.seiwashigen.jp/
  
   基礎部分:泥上げ・草刈り     農村環境向上活動:めだかまつり 
今後の可能性
協働したい相手
団体名:都市住民
都市と農村の交流
メッセージ みんなの協働で頑張っています。



活動NO.318
活動名 車川を楽しく元気に
団体名 車川 山里ファン倶楽部 代表者 寺村 善治
(宮川流域案内人)
活動時期 2018/4~2019/3 活動場所 主に油田邸を中心に車川地内
背景・動機 車川地区が高齢・過疎などさまざまな問題を抱えている。
目的 対象 主に車川地区及び濁川流域(勢和地域)の子どもから大人
意図 協議と実践を通じ明るく楽しく元気になってほしい。
内容 子どもを対象にした川遊び(他出子ふくむ)
ハイキング・コンサート
昔のお菓子・食べ物づくり
昔の遊び・工作
平成30年度
達成目標
焦らず一つ一つ楽しみながら他地区とも交流を深め実施したい。
問い合わせ 車川 山里ファン倶楽部/寺村 善治
〒519-2214 多気郡多気町車川236
電話・FAX:0598-49-2352
メール:donguri5@ma.mctv.ne.jp
  
夏だ おかえり車川             野上りまんじゅう作り
メッセージ 行事を行う時は車川山里ファン俱楽部のブログにアップしますので、時々ブログの方ものぞいてみてください。アドレスはこちらhttp://kurumagawa.blog136.fc2.com/です。



活動NO.319
活動名 “くつかととつか”(國束と鳥墓)(九束と十束)
団体名 竹茗舎 代表者 渡邉 幸宏
(宮川流域案内人)
活動時期 平成16年~ 活動場所 玉城、度会、多気、明和
背景・動機 国束山北麓・原野、田辺平野と明野台地・斎野、隣りあう二つの小平野に漂うナゾに魅せられて。
目的 対象 宮川・櫛田川(祓川)流域の人々
意図 流域文化を大切にするアイデンティティの醸成
内容 田辺平野(荒木田氏)と国史跡、斎宮跡のガイド
平成30年度
達成目標
毎月3~6回、史跡斎宮跡のガイド、斎宮~明星地域の伊勢街道のガイド、田丸~野中地域の熊野街道のガイドを続ける。
問い合わせ 竹茗舎/渡邉 幸宏
〒515-0317 多気郡明和町池村大道482
電話:090-5607-2001 FAX:0596-52-5177
メール:donkmac@ma.mctv.ne.jp

今後の可能性
協働したい相手
団体名:いつきのみやガイドボランティア
斎宮の謎を探る。
メッセージ 興味、関心のある方のご連絡を歓迎します。







次のページへ

宮川プロジェクト2018へ戻る