よいとこ!宮川流域
みんなのメッセージmessage

  • HOME
  • よいとこ!宮川流域みんなのメッセージ

宮川流域(伊勢市、多気町、明和町、大台町、玉城町、度会町、大紀町)の魅力について、令和3年3月7日(日)に皇學館大学の学生の皆さんや当地域で活動している方もお招きし、オンライン会議システム「zoom」を活用しながら座談会という形で改めてみんなで考えてみました。
その時にいただいた参加者の皆さんからの宮川流域の魅力に関する思いがこもったメッセージをご紹介します。

※本取組は、当協議会が皇學館大学と協定を締結し、同大学の令和2年度実習科目「伊勢志摩共生学実習」の一環としても実施しました。

宮川流域の自慢できること

  • 県下一の栽培面積、休耕田に咲く藤袴(フジバカマ)畑(荒地の保全、環境の解消、集客活動も実施。)

    県下一の栽培面積、休耕田に咲く藤袴(フジバカマ)畑
    (荒地の保全、環境の解消、集客活動も実施。)

  • 廃棄物有効利用等を通じたごみの削減

    廃棄物有効利用等を通じたごみの削減

  • 豊かな森林と清流、そして海!

    豊かな森林と清流、そして海!

宮川流域のためにしたいこと

  • 花と蝶と食の祭りを開催予定である。

    花と蝶と食の祭りを開催予定である。

  • 流域の保全活動

    流域の保全活動

  • 環境に触れる大杉谷自然学校などの活動の支援。

    環境に触れる大杉谷自然学校などの活動の支援。

次世代に望むこと・これからの夢

  • 難しい課題ですが、まさに若い人が活躍できる環境をどう作っていくかでしょうか。

    難しい課題ですが、まさに若い人が活躍できる環境をどう作っていくかでしょうか。

  • まずはすぐ自分たちの周りの人工林の杉檜に目を止めてほしい

    まずはすぐ自分たちの周りの人工林の杉檜に目を止めてほしい

  • 有名になり過ぎると様々な訪問者が訪れ、地元との軋轢、ごみ問題など自然が荒廃することにつながるケースが多いです。①自然保護優先の立ち入り禁止地区、・・・

    有名になり過ぎると様々な訪問者が訪れ、地元との軋轢、ごみ問題など自然が荒廃することにつながるケースが多いです。

    ①自然保護優先の立ち入り禁止地区、②川遊びのみ可能エリア、③キャンプが可能なエリアと目的別にエリアを分けて人間と自然の共生が図れるようにしていく方法が良いかと思います。