宮川の見どころpoint

  • HOME
  • 宮川の見どころ

散策コース

散策コースの画像

宮川の清流に育まれた美しい自然や、悠久の歴史を感じることのできる、おすすめの散策コースをご紹介します。

宮川魅力ポイント

宮川魅力ポイントの画像

宮川流域で見られる絶景や、史跡、名所などのフォトスポット、また、宮川流域に生息する貴重な動植物をご紹介します。

宮川とは?

宮川は、日本有数の多雨地帯である大台山系を源流とし、大内山川などの支流と合流して、伊勢湾に注いでいます。
延長は約91km、流域面積は920km2に及ぶ三重県内を流れる川では最大の河川です。
これまで、一級河川を対象とした国土交通省(旧・建設省)の水質調査で、水質が最も良好な河川(全国一位)になるなど、全国有数の清流として知られています。

宮川の滝のイメージ

宮川の歴史

宮川は古くは、「大川」や「度会の河」「五十鈴の河」など、さまざまな名前で呼ばれていました。「豊受宮(外宮)の禊川」が縮まって「豊宮川」、さらに縮まって「宮川」となったと言われています。
このことからもわかるように、宮川は、伊勢神宮がご鎮座する「聖地」伊勢と俗界の境界でした。時の権力者の力も伊勢までは及ばず、豊臣秀吉も伊勢では「太閤検地」を行いませんでした。
また、伊勢を訪れる旅人は宮川で禊をしてケガレを祓ってから、神宮へ参拝する習わしだったということです。

歴史のイメージ

豊かな自然の舞台

源流部の大杉谷をはじめとする豊かな自然に恵まれた宮川流域は、その一部が吉野熊野国立公園、伊勢志摩国立公園、奥伊勢宮川峡県立自然公園に指定され、オオダイガハラサンショウウオなど、貴重な生き物が生息しています。
宮川の上流部は、大量の水が固い岩盤を削ったことによる、川底が深い地形をしています。そのことから、田畑を潤す水を安定的に得ることが困難だったため、大台町では水田よりも茶やシイタケの栽培が盛んに行われるようになりました。
また、世界的にも有名な松阪牛は、主に櫛田川と宮川の流域で飼育されています。

宮川の沢のイメージ